クレッセント日記

facrescent.exblog.jp

フラワーアレンジメントの講師をしています。日常の色々を綴っています。

ブログトップ
5月のNHK名古屋文化センター高等科の花は「ファウンテン」です。
噴水をイメージした花型です。
360度どこから見ても良いように作る四方見の花型ですので、思ったより花数が必要です。

典型的な吹き上がる形から少しイメージを変えてみました。
(というか、花材の関係と言いましょうか・・・。)

f0185066_10395232.jpg




















実は飾る場所の関係上、違う花型に作り替えました。
それがこれ↓
f0185066_10393335.jpg





















これは「ルイ15世」という花型です。
一見すると上の花型と同じですが、大きく違う点はこちらは三方見だということです。
両横と正面から見る花型、つまり後ろからは見ない花型ということです。
その分、花は少なくてすみます。
上から見ると上の花型とはかなり違います。

さて、花のホームページの「生徒さんの作品」のページを更新しました。

f0185066_10431062.jpg














1月から3月分(今頃!)です。
よろしかったら、ご覧ください。



[PR]
# by fa-crescent | 2017-05-22 11:10 | お花関連

またも・・・

この間の金曜日の夜のことでした。
家人も寝静まった、丑三つ時にはまだ少し間のある深夜の1時半。
さて、ドライヤーを掛け終わり、寝ようとかなと思ったその時にそれは起こりました。
バチッという音の後にしいいいんとした静寂が。
静寂どころか、真っ暗闇が・・・・。
「落ちたか・・・」。
外を見るとよその電灯は点いています。
我が家だけの停電です。
暗い中、頼みの綱の明かりが灯りました

f0185066_22202534.jpg
無印良品のあかり。
日頃はアダプターの上に置いてある。
停電になると点く。
持ち運べる。
優れもの。
















これを持って漏電遮断器を調べます。
家人は寝ているので、一人で調べます。
20くらいあるブレーカーのうち、怪しそうなのを一つ下げて遮断機を上げる→停電。
次のブレーカーを下げて遮断機を上げる→停電。
これを繰り返して5つ目くらいに原因のブレーカーがわかりました。1F玄関まわりとトイレ、稽古室と外のコンセントなどです。

とりあえず、夜だし、寝なければいけないし、そのブレーカーだけを下げ遮断機を上げて停電を解消しました。


我が家は数年に一度の割合でなぜか停電をします。
我が家にまたプチ災難が・・・

電気の契約は高めの設定をしていますので、使い過ぎの停電ではなく、大抵は外の何かがいけないようです。
一度などは庭に私が植物を植えるときにどうやら土中の門灯の配線を傷つけたらしくて、大雨の日に水がついてショートして停電になりました。

今回は何が原因なんだろう。
やはり、外のコンセントか、門灯の配線か、またポンプがいけないのか?

そろそろポンプの交換?、いやいやまだ交換してからそんなに経っていない、ポンプの交換をするならそろそろ浸透桝の交換も?、うわあ、費用が掛かりそう。門灯の配線?、また新しく作り直し?

どちらにしても今日は土曜日だから、業者さんに連絡できないかも。
連絡できても、家にいなければいけない。EOS学園、休もうか。
日曜日のお稽古はどうしよう。
稽古室の灯りはどうしよう。1Fのトイレが使えなかったら、2Fのトイレを使ってもらおうか、そうすると2Fも掃除をしないといけないな。
月曜日の木工教室も休まなければ、かな。

などと考えてしまって、結局、その後、全然寝付けなくなってしまいました。
おかげでその日は超寝不足でした。

さて、その停電の原因は・・・、とても意外なもの。
外のコンセントを一つ一つはずして原因を探ろうとして、あるコンセントを外したときです。
コンセントの穴からムカデが出てきたのです!
それも生きたムカデが!
それが変に絡みついているので、お箸で取り除きました。
そして、その後、そこのブレーカーを上げても停電が起こりません。
つまり、それが原因?
え、本当に?

でも、今日現在停電は起きていません。
ということはやはりムカデが原因?
でも、何度もショートしたはずなので、ムカデは感電したはずなのに??
なぜ、生きていたのか??

それにしても、とりあえず、停電は解消したので、業者さんも呼んでいません。
お金は掛かりませんでした。

本当に大丈夫かなあ・・・。





[PR]
# by fa-crescent | 2017-05-15 23:28 | そのほかのいろいろ
京都の最終日。

この日は朝早くホテルを出発して、伏見稲荷大社へ車で行きました。
伏見稲荷大社は全国のお稲荷さんの総本宮です。
初めて行ってみました。
知らなかったけど、今、外国人の間で京都人気ナンバーワンスポットだそうです。
清水寺でも金閣寺でもなく。

映画の影響とか、千本鳥居のせいとか、だそうです。
そのせいか、朝7時半の段階で付属の駐車場は満車でした。甘かった~~。

その千本鳥居。実は全山で一万基ほどあるそうです。
行って初めて知りましたが、思っていたのと違って、山全体に鳥居があるのですね。
主人が腰を傷めているので、中腹の「京都の町が一望できる四ツ辻」まで行こうかということになりました。
ところが、登っても登っても着かない。
人が多いので登りにくいのもありますが。
遂に途中であきらめて、引き返すのではなく、違うルートで戻ることにしました。

このルートが興味深かったです。
大社の敷地内だと思うのですが、小さい神社がいくつもあり、民家もお店もアパートまであるのです。
ときどき、京都の町がぱーっと見えます。
長崎の街みたい?でした。
四ツ辻までの往復でも2時間近くかかるものだということを後で知りました。
本当に行き当たりばったりの旅行です。


伏見稲荷大社からホテルに戻り、ゆっくりバイキングの朝食を取りました。
チェックアウトまでゆっくりしてから、さて、どこに行こうか?

タクシーの運転手さんお薦めの将軍塚の大舞台に行こうか、ということになりました。
タクシーの運転手さんに「空いていて、きれいな所」を聞いてみたらここを薦められたのです。
流石に駐車場は空きがいっぱいありました。

将軍塚は随分昔に五山の送り火を見るツアーで行ったことがありました。
が、数年前、清水の舞台の4.6倍という大きさの大舞台ができて、京都の新名所になったそうです。

そこから見る京都の町は素晴らしかったです。
舞台の足組が見えなかったのは残念ですが。

ここの「ガラスの茶室」も見るべきものの一つだそうです。
前ケネディ駐日大使もお茶を召し上がったそう。
面白かったです。


将軍塚を後にして、さて、このまま京都を去るにはまだ時間が早いということで、寺町通で買い物をして、以前行った「虎屋菓寮」に行きました。
美しい庭園もある落ち着いた和カフェです。
ここは京都には珍しく駐車場があるのです。

以前来た時と違って、待っている人が多く、びっくりしました。
お値段も以前来た時よりお高くなっていて、びっくりしました。
メニューを開くカップルや家族連れから「高!」「高!」という声が漏れ聞こえてきました(笑)。
ここで、ゆっくりまったりして、帰路へ。

帰りも渋滞を覚悟していましたが、やはりまたも渋滞情報が。
それも事故渋滞。
「混んでいるときに事故しないでよ」「でも、他人事じゃないよね」「もう車で京都へは行かない」「でも電車はいや」とか何とかぶつぶつ言って我慢我慢。
ようやく渋滞を通り抜けて快調だったものの、岐阜羽島(帰りは名神にしました)手前で、また事故渋滞情報が。

で、今回ずっと運転役だった私は頭に来て、高速を降りてしまいました。
ナビは渋滞している道ばかり示すので無視して、独断で下道を走って、最後は名二環で帰宅しました。
ナビを無視した道はまるで渋滞しておらず、快適に帰ることができました。

うちのナビ、怪しい・・・・。


今回の京都ドライブで分かったことがあります。
我が家の車、カーブで勝手にハンドルが動くんです!(知らなかったのか!?)
高速道路上で先行車追尾システムにすると、前の車に一定距離で追尾して、尚且つ速度規制しておけば、超楽に運転ができるのは知っていました。
渋滞していても勝手に止まってくれるので、アクセルペダルやブレーキペダルに足を載せなくてもいいわけです。
でも、ハンドルまで動くとは知らなかったのです。
但し、軽くハンドルに手を添えていなくてはその機能がoffになってしまうようです。
今まで、全然気が付かなかったのです。
自分でハンドルを動かしていたので(動かしていたつもりだったのか)。

この機能、すごく楽です。
楽過ぎて寝そうです。

但し、カーブでも速度を遅くしないで曲がるので、ちょっと怖いです。
それに基本的に機械にまだ全幅の信頼を置いていないので、その点もちょっと怖いです。


5月の京都。
桜やモミジの季節も良いけど、新緑の京都もなかなか美しい。
今回、お天気も良く、暑くも寒くもなく、良い旅行でした。


f0185066_11195867.jpg伏見稲荷大社の参道にあった幟。




















f0185066_11203013.jpg千本鳥居で。




















f0185066_11205275.jpg修理中。




















f0185066_1157625.jpg三ツ辻から戻る別ルートからの眺め。













f0185066_1122581.jpg将軍塚清龍殿の大舞台。
ネットからの写真。









f0185066_11224766.jpg大舞台にある「ガラスの茶室」。













f0185066_11441072.jpg「ガラスの茶室」の茶釜。




















f0185066_1123941.jpg将軍塚にある展望台から。













f0185066_11233477.jpg虎屋菓寮。














f0185066_11235367.jpg主人は抹茶あんみつ1500円くらい。私は宇治金時(ミニサイズ)1080円くらい。
[PR]
# by fa-crescent | 2017-05-11 11:51 | 旅行
京都は何も予定を決めずにただホテルに泊まるというのが第一の目的でした。

新幹線で行くか車で行くかで迷いましたが、結局車にしました。渋滞は覚悟の上で。
で、やはり鈴鹿まで渋滞。事故渋滞のようです。
あ~、名神で行けばよかった~~などどぶつぶつ言いながら、我慢我慢。
すると新名神は順調で案外早く着きました。

八坂神社をうろうろして、ホテルにチェックイン。
少し休んで祇園あたりまで足を延ばしてウインドウショッピング。
夜は祇園の小さな割烹で。
祇園のあたりは、今日は何のお祭り?っていうぐらいのすごい人でした。

2日目は部屋で朝ごはんを食べたあと、サイクリングで知恩院と平安神宮へ行きました。
サイクリングをしようと思ったのは、そういうアクティビティがあるのをチェックインしてから知って、自転車を自分でレンタルしなくてもいいからという安易な気持ちからでした。
でも、結果、これはとても良かったです。

平安神宮までサイクリングして、庭園をゆっくり散歩。ここは空いていました。
その時、下鴨神社へもあとで行こうかと言う話になり、そういえば今日は流鏑馬の日だと教えられたので、どうせならと、その時間(午後1時)に行くことにしました。
何だか本当に行き当たりばったりです。
帰りもゆっくりサイクリング。風が気持ち良くて快適でした。
このアクティビティ、記念写真、入場料込みで無料なのです。
う~ん。流石、宿泊料が高いだけある?

ということで、一度ホテルへ帰ってタクシーで下鴨神社へ。
下鴨神社の流鏑馬は5月3日に行われ、全国で唯一の公家流やぶさめだそうです。
思い付きで行ったので観覧席はもういっぱいです。何時間も前から並ぶらしいです。
その前に本殿にお参りしようと思ったら、流鏑馬に先駆けて行事が行われていて入れません。
その日はいろいろな団体の人たちが入り混じって神事を進行しているせいか、イマイチ段取りがよくありません。(スタッフのおじいさんたちは感じが悪い人が多かったし)。

午後1半時になったのに、流鏑馬はなかなか始まりません。
20分くらい遅れてやっと始まりました。

生まれて初めて見た流鏑馬。思っていたより速くて迫力がありました。
人によってスピードが全然違っていて、すごく叫びながら矢を射る人とかもいました。
3つ目の的に当てないと溜息が一斉に漏れるのもちょっと面白かった(ごめんなさい)です。

その日の夜はホテルでピエール・エルメの来日記念スペシャルイベントのディナーを頂きました。
ピエール・エルメと言えばマカロンで有名ですが、パティスリー界のピカソと称され2016年、《世界のベストレストラン 50アカデミー》より「世界の最優秀パティシエ賞」を授賞した巨匠だそうです。

つまり、ピエール・エルメ監修のデザートに重きをおいたディナーなわけです。
大変おいしく頂きました。
(以前、ここでアフタヌーンティーを楽しんだ時にも書きましたが、かなり酸っぱくて甘いです・・・)。

f0185066_023937.jpg八坂神社近くの「予約が取れない?」イタリアン。
新緑がきれい。でも後でわかったけど、この緑は全てお隣の旅館のものだった。



















f0185066_0253100.jpg




















f0185066_15512680.jpg鴨川沿いもそぞろ歩く人が大勢。














f0185066_15514178.jpg床は出たばかり。















f0185066_164562.jpg祇園巽橋から。





















f0185066_1642262.jpg巽橋近くで。





















f0185066_04196.jpg平安神宮の庭園。
四季それぞれの庭がある。
ここは冬の庭。












f0185066_8463572.jpg上と同じ所。















f0185066_05986.jpg下鴨神社。















f0185066_053661.jpg流鏑馬に先立っての行事。
















f0185066_1311621.jpg流鏑馬の有料の観覧席。
ここはまだ空席があった。
最初、聞いたときはない、とのことだった。
しばらくしてからその受付前を通ったらお金を払っている人がいるので、再び聞いてみたらあるとのこと。
見るとまだ全然埋まっていなかった。
最初に答えた人はなんだったんだろう・・・?



f0185066_04724.jpg何気に来てしまったので、流し取りの設定も何もわからず。ブレブレ。
結構速くてすぐ目の前を通過してしまう。
迫力があった。










f0185066_1145856.jpg3の的に当った瞬間。















f0185066_1152635.jpg年配の人も。
今年は中学生も、女子も、外国人も参加した。
計20人くらい出走。













f0185066_924995.jpg1Fロビーラウンジ内部。
スタッフの女性の制服はスターウォーズ風。
スカート丈はキモノ風にロング。










f0185066_1185661.jpgピエール・エルメさんと記念撮影。
サインも頂いた。
[PR]
# by fa-crescent | 2017-05-10 08:48 | 旅行
GWの中ほどで京都へ行って来ました。
日帰りできる京都ですが、今回は2泊してゆっくり過ごして来ました。

マイレージ(ポイント?)で宿泊できるというので、宿泊先は(主人が)是非泊まってみたかったRホテルでした。
今回、京都へ旅行というより、Rホテルに泊まってみるというのが主目的のようです。
色々なホテルに泊まってみたいようです。
趣味のようなものです。
と、いうほど色々泊まれないのがつらいところですが。

さてそのRホテル。
京都にあるだけにとても和モダン。
日本を意識したインテリア。
日本の伝統美がそこかしこに。
ロビーラウンジの女性の服装はキモノを意識したスターウォーズ風。
そして、日本語のできないスタッフの多さ。
日本のホテルにいて、英語でやり取りするという不思議さ。
もちろん、彼らは相手が日本人だとわかると即座に近くにいる日本人スタッフに応援を求めるので、こちらとしてはそんなに不便さはありませんが。

でも、きめの細かい気配りとか、お値段の高さは流石Rホテルです。
無理難題をふっかけても、絶対してくれそうな、そんな感じです。
(もちろん、気の弱い我々はそんなことはしません)。

あと、主に外国人向けでしょうが、色々なアクティビティーが用意されています。
私たちは朝、電動自転車で色々な神社仏閣を周るというのに参加しました。
というか、日本語のわかるスタッフに合わせたためか、我々二人だけでしたが。

これがとても良かったのです。
朝、自転車で周る京都の町って気持ち良くて、気候も良くて、担当のハーフのお嬢さんが気さくでとても感じが良くて、写真などもあとで頂けて、お饅頭なども頂けて、お寺の拝観料なども買ってもらって。
それで無料でした(←そこがキモ?)。


f0185066_925877.jpgホテルの玄関。




















f0185066_931251.jpgホテルの入口からアプローチを見る。




















f0185066_12263752.jpgこのホテル、入口が入口らしくなく、また入口を入ってさらにその奥に行くドアが壁と一体化して超わかりにくくしてある。
そのわかりにくいドアを入ったところにある松。
右側がそのドア。
















f0185066_12303739.jpgホテルのロビー空間。














f0185066_12272016.jpgホテルのロビー空間。
フロントから見たロビーラウンジ。
間は吹き抜け。
全体に暗め。










f0185066_952644.jpg1Fのレストランから玄関方向を見る。
左側の緑の外はすぐ外部。
遊歩道があり、鴨川が流れている。


















f0185066_96195.jpg石垣。
この外は遊歩道。
ときどき散歩している人が覗いていく。


















f0185066_963142.jpg朝食。
バイキングブッフェスタイル。
後ろは中庭。
枯山水風。

















f0185066_12283372.jpg1Fレストラン内にある移築された日本家屋。













f0185066_1611562.jpgスタッフはイケメン揃い。
絵になる。
遠くから素早く撮ったのでピンが・・・。










f0185066_965577.jpg客室のドア。
細かい細工がある。







  











f0185066_971847.jpg1Fエレベーターホールにある盆栽。




















f0185066_982963.jpg客室。
まあまあの広さ。
でも、思ったよりは・・・・。
インテリアはやはり和モダン。
随所に色々な工夫がされている。
お菓子も素敵な紙箱に入っている。





f0185066_99167.jpgバスルーム。左がトイレ。右がお風呂。旅館風。
ただ、トイレに鍵はない。
ドアがあるだけ良し?
鏡と鏡の間はテレビが埋め込まれている。
アメニティは流石。
バスタオルは今まで見たこともない大きさ。
長さは180cmくらい。すごいボリューム。


f0185066_9104230.jpgお風呂。
すのこがヒノキでいい匂い。
日本のお風呂風。
でも、椅子と桶はない。
シャワー注意。通常、コックを右に倒すとシャワー、左に倒すとカランだが、ここは左がシャワー、右がなんと天井から降って来た。
服を着たままお風呂をざっと洗おうとした私は・・・・。
後でよく見るとそんな表示があったが、とにかく小さい。
このホテル、恰好がいいのか、字や表示がとにかく小さい。
ホテルの案内もまるで見えない・・・・。







f0185066_17233912.jpgお風呂の壁。
桜の浮き彫りが。
こんなのどこに売っているんだろう。
特注なのかな?
[PR]
# by fa-crescent | 2017-05-09 12:38 | 旅行

GWに久し振りのBBQ

次男夫婦を交えて、とぉ~~っても久し振りにバーベキューをしました。

f0185066_22214264.jpgなんかこうして見るとお洒落に見える。
写真のマジック。
キューピーのコブサラダドレッシングはご愛嬌。



















子供たちが小さい時は数家族合同で、子供たちが大きくなったら友達夫婦数組と、ときどきは家族だけで、というふうに、我が家は自宅でバーベキューをよくしました。
最近は全然していなくて、勝手を忘れて結構手際の悪いバーベキューになりましたが、それはそれで面白かったです。

次回は・・・・いつかな?






[PR]
# by fa-crescent | 2017-05-06 22:25 | 季節のいろいろ

立華の講習会

先日、私の所属している流派の名古屋支部で立華の講習会がありました。

立華とは立てる形式の生け花のことです。
いろいろな種類があるようですが、私が習っているのは現代立華です。
この現代立華というのが役枝が9つもある私的には大変難しいものです。

支部の会計係の関係上、こういった講習会で会計をしなくてはいけないので出席せざるを得ないのです。
じゃなくて、大変有難い機会を頂いています。

いつも「すみません、私はアレンジメント専門ですので」と言い訳していたせいか、今回は先生の方から「アレンジの人でもしっかりやりなさい」的なことを言われてしまいました。
この立華の先生は厳しいことをさらっと言われるのですが、熱心で楽しい憎めない(図々しい!)男性の先生です。

この日は夜に写真展の祝賀会があって、その会でも会計をしました。
1日でたくさんの千円札を扱いました。
何もしなくても続々千円札が手元に集まるのって何だか嬉しい(別に自分のものではないけどね)。



f0185066_20563427.jpg講習会風景。













f0185066_20564810.jpg先生のお手本。  
[PR]
# by fa-crescent | 2017-04-26 21:04 | お花関連

期日前投票

暑かったり、冷えたり、となかなか着るものに困る今日この頃です。

今日、私は期日前投票をして来ました。

投票権のある年になってから幾星霜。
ほとんどの投票は棄権せずに行きました。
いい加減な投票ですけどね。
(つまり、何だかこの人の方がいいかな、とか義理があるから、とか、です。一度などは本当にわかんなくて白票なんてこともありました)。

そして、今回の名古屋市長選。
明日はびっしりと予定が入ってしまって、到底投票できないことが昨日わかりました。
それで、さっき期日前投票を区役所でして来たのでした。

別に大して大変でも何でもないいつもの選挙と変わらないのですが・・・。
いつもは地域のおばさん、おじさん(おばあさん、おじいさん?)の方々が選挙管理をしているのですが、ここでは区役所の職員がしていました(当たり前ですが)。
ただ、その人数が半端ない。多い・・・。
そんなに要るのかな???
と思ったのでした。




[PR]
# by fa-crescent | 2017-04-22 18:33 | そのほかのいろいろ