クレッセント日記

facrescent.exblog.jp

フラワーアレンジメントの講師をしています。日常の色々を綴っています。

ブログトップ

もうすぐ選挙

朝晩、めっきりと寒くなってきました。

この間の雪には驚きました。
この地方でこの時期に積もるなんて。

慌てて冬タイヤに替えに行きました。
同じことを考える人が多くて、1時間半待ちでした・・・。



さて、もうすぐ選挙ですね。
今回ほどどこに入れたらいいか迷う選挙も珍しい。

原発、TPP、増税、憲法改正、
争点があり過ぎて、自分の考えとぴったり全てが一致する政党がない!

その前に何が正しいのか、誰の言っていることが本当なのか、将来後悔しない選択は何なのか、
全然わからない。

いっそのこと、知り合いがいるとか、仕事の義理とか、そこに入れなければいけない名目があるといいのに、とまで思ってしまいます。


そんな状態の一昨日、朝日新聞と名乗るところから選挙に関する世論調査の電話がかかってきました。
最初は留守電に。
その夜にもう一度。
無作為に選んだ電話番号の所に電話しているとのこと。

実は私はそういうアンケートとかに答えるのが嫌いです。

それが何に使われるのか、悪用されることはないのか、とか考えるのが嫌なので、そういうアンケートっぽいことは全てお断りしている主義なんです。


よく選挙の日に出口調査の結果をテレビ局が発表していますが、それを見るにつけ、どこの政党に投票したとか、誰に投票したとか、そんなことをきちんと答える人がいるんだ、と不思議に思っていました。

それが前回の選挙のとき、私も遂にNHKの人に投票所の出口で捕まりました。
もちろん、丁寧に「ごめんなさい。そういうことはお答えしない主義ですので。」と言ってお断りしました。



なので、今回の朝日新聞からの電話にも、「すみません。そういうことはお断りします。」と、言ったら、「簡単な質問で、数分で済みますので。」と食い下がってきます。
それでも「ごめんなさい。」と言って電話を切りました。


すると、翌日、また違う人から同じ電話がかかってきました。

また、断ると、「有権者は何人いますか。一番若い人にお願いしたいのですが。」と聞いてきます。
(それは、あなたに聞いていない、ということ?)

「どちらにしても今留守なので」、と断りました。


すると、夜にまた違う人からかかってきました。
「どうしてもお答えいただきたいので。」

またしてもお断りして電話を切りましたが、ここですごく疑問が湧いてきました。

その質問に答えるのって、国民の義務なわけ?
それを断る私って何か悪いことをしているわけ?

別に朝日新聞なんて、読んでないし。
義理ないし。

なぜ断ってるのに、4回も電話がかかってくるの?

第一、どこに投票するつもりとかそんなこと人に言う必要があるの?
(なにせ、どこに投票するつもりか自分でもわからないし、もっともそういう人の割合を知りたいのかもしれないけど)。


きっと、バイトさんたちだと思うけど、何かとても不愉快でした。


でも、そういうのを不愉快に思っている私ってもしかしておかしいのかな・・・・?。


何にしても日曜日、投票には行かないとね・・・。
[PR]
by fa-crescent | 2012-12-14 09:12 | そのほかのいろいろ