クレッセント日記

facrescent.exblog.jp

フラワーアレンジメントの講師をしています。日常の色々を綴っています。

ブログトップ

今月から高等科を担当

NHK名古屋文化センター。今月から半年間高等科の担当になります。
そして今月の高等科の花は”ホガース”。

なぜホガースというのか?
いろいろな説がありますが、ロイヤルフラワーアレンジメントではイギリスの代表的な画家、ウイリアム・ホガースのサインがその由来という説を取っています。
そのため、全体的な形は小文字の”h”の形となっています。

他の流派ではホガースが好んで使ったホガースラインと呼ばれる”s"の形を、その花型の形にしているところもあります。

ロイヤルフラワーアレンジメントでは”s”はSシェイプという別の花型になります。

といっても、ぱっと見は、sだかhだかよくわからないかもしれません。

f0185066_1829415.jpg


毎度のことながら、堅いライン。
見せたくないくらい。
でも、見本なので・・・。
















この花型、私の先生曰く、最も難しい形の一つということです。

前から見てのhの形自体はそんなに難しくなく作ることができるのですが、向かって右側が吹き上がるように作らなくてはいけないのが、3D的になかなか難儀なのだと思います。


というわけでもないですが、今回この花型を初めて作る方もいらしたので、結構、ひとつひとつ指示して作ってもらいました。
本当は高等科ですから、もう少しご自分で考えて作ってもらわなくてはいけなかったかな…と少し反省。


そのあたり、高等科といえども、いろいろ差があるので、難しいところです。


〈追記) ホームページの”works"を更新しました。生徒さんの作品1月から3月分です。
      見てね。
     フラワーアレンジメントクラス”クレッセント”
[PR]
by fa-crescent | 2013-04-20 18:40 | お花関連