クレッセント日記

facrescent.exblog.jp

フラワーアレンジメントの講師をしています。日常の色々を綴っています。

ブログトップ

世の中はゴールデンウィーク

祝日が休みでない息子と祝日しか休みのない主人(今年は特別に休みを取っていないので)に合わせて、ゴールデンウィークって何?状態な毎日です。

ただ、行く先々で今年はどこ行くの?みたいな質問をされました。
そんなにうちは旅行にいくのが当たり前みたいに思われているんだ・・とちょっと驚き。

何しろ、主人の趣味が旅行の計画を立てること(実行に移せるのはごく少ない)なので、昔はちょくちょく家族で旅行をしていました。
正直、親戚などの手前、ちょっと嫌らしいな、と思わないでもないときもありました。

でも、何回も行っていると、この家は行って当たり前みたいに周りは刷り込まれるようなんですね。



今年の我が家は遠出はしないゴールデンウィークです。


ところで、下の写真、何かというと私が図書館で借りてきた本の見返しです。

f0185066_927306.jpg




















私は断然図書館派です。
買う本はといえば、旅行に持っていく時の本だけ。
なぜかというと、もともとがケチだから、という理由もありますが、もっと大きな理由は買った本を読んだ後始末がたいへんだから、です。
ただでさえ、主人が色々本を買ってきて、我が家はいっぱいいっぱい。

誰が読んだかわからないものを手に取るのって正直抵抗があるのですが、そんなこと言ってられません。

なので、私はここ何十年とせっせと図書館通い。
(というほど、通ってはいませんが・・・。)

名古屋市図書館の返納期限は2週間で一人6冊まで。
それを家族のカードを使って昔は10冊くらいは借りていました。

それがこのところ読む回数が激減してきて借りるのは7、8冊どまり。
それも全部読み切らず、返納期限も大幅に過ぎるのが常・・・(名古屋市の千種図書館はそのあたり実に鷹揚なのです)。

なぜ、そんなに読まなくなってきたかと言うと・・・

1、読みにくくなってきた(読むときはメガネを掛けなければいけなくなった・・・・・)。
2、パソコンをいじっている時間の方が長くなった。

からだと思います。


さて、本、本、というけれど、どんな本を読んでいるかというと、これがもうどうでもいい、本当に高尚じゃない本ばかりです。

ミステリーとか、心理ホラーとか、話題のものとか・・・・。
いわゆるエンターテインメントなものばかり。

純文学とか政治経済とかはまるでダメです。

本当に読んでもためにならない本ばかりです。
(作者の皆さん、すみません!)。


だから、他の方々がよくブログで読んだ本を紹介されていますけど、私はとてもそんなことできません。
(といっても、そういう紹介された本は結構読んでます)。

それに私の場合、読んだ端から忘れていくという良い才能があります。
本当に困った才能で、読んでいる途中で、「あ、これ、私、前読んだ」。っていうこともたびたび・・・。
(テレビの映画でもよくあるんです。前に見たこれっていうの。ストーリー忘れてるんですね。何度も楽しめてお得な性格だと家族に言われています)。

こういうのって、本を読んだって言えるのでしょうか。ほんと。
だから、とても他の人に説明もできません。


さて、さて、そんな図書館の本ですが、昨日、読もうと思って見返しを開くと、出てきたのが上の写真のサインです。
「今野 敏」とあります。
この本の作者です。
テレビドラマ「ハンチョウ」などの原作者で、刑事ものを得意としている作家です。

このサインが本物なら、せっかくサインしてあげたのに、図書館行きになってしまったようですね。
おそらく寄贈された本のようです。

本人が亡くなるなどして、家族が知らずに寄贈したのか、
本人が忘れていて寄贈したのか、
本人が知っていて、でもいらなくなって寄贈したのか、

何だかちょっと今野さんがかわいそう・・・・。
ハンコまで押してあるのに・・・。


こんなサインが入った図書館の本って珍しいでしょ!
[PR]
by fa-crescent | 2013-04-30 10:12 | そのほかのいろいろ