人気ブログランキング |

クレッセント日記

facrescent.exblog.jp

フラワーアレンジメントの講師をしています。日常の色々を綴っています。

ブログトップ

京都へ紅葉を見に行って来ました。

なんということでしょう。
以前の更新から一か月以上も経っています。
ちょっと間空け過ぎですね。

言い訳ですが、11月は本当に忙しかったのでした。
色々な行事や教室、講習会が相次ぎ、後半は怒涛のクリスマスリースのお稽古。
ダブルヘッダーの翌日に京都旅行、帰ってきた翌日にお生花講習会、更に翌日は祥月命日で我が家に親兄弟が来るという・・・・。

ということで、やっと一息ついたのでした。



さて、その京都旅行。
主人がいつものごとく計画したのですが、紅葉の美しい時期ということで11月の末になったのでした。
しかし、正直、フラワーアレンジメントの講師としてはこの時期が一年で一番忙しいので、なかなかハードでした。

この時期の京都はすごく混むので、あまり人の行かないところにして欲張らないようにしました。
主人としては、まあ、京都においしいものを食べに行き、ちょっと優雅にホテルライフ(たった一泊ですが)を楽しもうという、いつものスタンスだったようです。

今回は平日なので、車で行きました。
車は渋滞もなく、PAに1回寄って2時間半程で着きました。
意外にも街中はあまり混んでいませんでした。

で、まず行ったところが、雰囲気で何となく、二条城。
(一応、雑誌を読んで勉強はしたのですが、結局あまり関係なく、駐車場が空いていたという理由で)。

二条城は初めて行きました。
今まで、なぜか縁がなく。
ここは(も)外人さんがとても多かったです。

思っていたより敷地が広く、その割に人がそんなに多くなく、ゆったり周れました。
昔の天守閣跡は少し高くなっていて、そこから見下ろす景色はここが京都の街の真ん中と言う感じを忘れてしまうような、そんな雰囲気でした。

予約していたお昼を食べた後は、さて、どうしよう、どこへ行こう、とりあえずチェックインして・・・。
その後、向かったのが曼殊院門跡(まんしゅいんもんぜき)。
ここは車が止められそうだったからです。
その後、歩いて詩仙堂へ行こうということになったのでした。
ところが、詩仙堂と曼殊院門跡との分かれ道にある詩仙堂の駐車場がたまたま1台空いていたので、詩仙堂をまず見ることにしました。
そして、坂を登って詩仙堂へ・・・・。
ここは建物も敷地も狭く、名古屋の覚王山の揚輝荘の方が10倍もみじは多いような・・・、でした。
正直、ちょっと・・・、でした。

そこから歩いて15分という曼殊院門跡へ。
20分くらいかかったような距離感でした。
門に連なる塀際の道は散り敷いた落ち葉も美しく、木々の紅葉も夕日に映えて、人影も少なく趣のある風情でした。
中に入ると建物も複雑に連なりおもしろく、庭園ももみじはあまり多くなかったけど美しかったです。

ここでゆ~くり過ごし、ホテルへ戻って来ました。
(続きます)。

f0185066_22121665.jpg

二条城。
























f0185066_22115755.jpg

二条城。















f0185066_22125136.jpg

詩仙堂。















f0185066_22132037.jpg

詩仙堂。















f0185066_21012123.jpg

曼殊院門跡前の道。















f0185066_21013878.jpg

曼殊院門跡の庭園。















f0185066_20593365.jpg

ホテルの玄関を入ったところ。















f0185066_23161895.jpg

ホテルの客室。















f0185066_23163114.jpg

洗面所。
























f0185066_23164251.jpg

お風呂。







by fa-crescent | 2018-12-05 23:43 | 旅行