人気ブログランキング |

クレッセント日記

facrescent.exblog.jp

フラワーアレンジメントの講師をしています。日常の色々を綴っています。

ブログトップ

年末年始はウィーンに行っていました2

ウィーン2日目。

この日はあのシェーンブルン宮殿に行って来ました。
ウィーンといえばシェーンブルン。
ハプスブルク家といえばシェーンブルン。
他はどうでもシェーンブルン。

朝は近くのカフェで朝ごはんを摂ったあと、地下鉄を6駅くらい乗って着いたのが最寄り駅です。
そこから橋を渡っててくてく歩いて行きます。
どこがエントランスだかわかりにくいのですが、前を歩く人に付いて行きました。

朝早いので、まださほど混んでいませんが、ぞくぞく観光バスから団体客が降りてきます。

シェーンブルン宮殿は1441室ありますが、40室だけ見学できます。
団体で行くと、半分だけのツアーが多いようです。
そして、今回はオーディオガイドは結構すっ飛ばしました。
正直、昨日の王宮でノックアウトされたので、シェーンブルンであまり感動せず・・・。
同じだねぇ、的な?

あっさり見終わったあとは庭の見学です。
庭には一度エントランスを出て、広場を通って、反対側に行かなければいけませんが、そういった表示があったのかなかったのか、目につきませんでした。

途中の広場ではアジア系の母子に一応英語で「エントランスはどちらですが?」と聞かれました。
「あちらです」。と私は大抵そうだと思ったので日本語で。
そうしたら「やっぱり日本の方ですか?」
「はい、ところで、庭の入り口はそちらですか?」と私。
「そうです。わかりにくですね」。
という感じで個人で行くと確かにわかりにくいです。

シェーンブルンの庭は冬なので、花が少なく残念でした。
でも、ここでマリーアントワネットがかくれんぼなどしていたのかな、と思うと感慨深いものがありました。
(漫画 ベルサイユのばら の世代ですので)。

ネプチューンの泉まで見ようと庭の奥まで歩いて行ったのですが、庭の一番奥の丘に建つグロリエッテまでついつい歩いて行ってしまいました。
(宮殿から片道30分だそう)。

丘の上からは宮殿とウィーンの街が見渡せました。
グロリエッテのカフェで一休みして、帰りはバスで地下鉄駅まで行きました。

遅い昼食をホテルで摂って、部屋で休んで、着替えたあとはいよいよ今回の旅のメインイベントのひとつ、オペラ鑑賞に行きます。
今回の演目のオペラのDVDがたまたま家にあったので、珍しく予習をしていきました。
その予習がオペラ初鑑賞でした。

さあ、オペラ座へ向かいます。
オペラ座ではとてもドレスアップした人と全くカジュアルな人と色々でした。
私は、まあ普通にワンピースとパンプスで。
オペラ座の内部はすごかったです。
今回、こういう内装を見てばかりなので、大概慣れてしまっていましたが、それでもなかなかでした。

そして、肝心のオペラ・・・。
日本語のセリフが同時に前の手すりの部分に表示されるので、ストーリーはわかったのですが・・・(って言うか予習したし)。
なぜ、そこで怒る?なぜ、そうなる?なぜ、会ったばかりでそこまで愛せる?
と疑問だらけ。
もともと、私はそう言えばミュージカルが苦手でした。
なぜ、そこで歌う?って。
演目は「魔笛」でしたが、予習して見たのと時代が200年くらい違っていて、’50な雰囲気でした。
(DVDはモーツァルトの時代風の衣裳だったのですが、見たのは私が生まれた位の時代の衣裳でした)。
曲と歌とだいたいのストーリーさえ同じなら時代はどうでも良いようです。


さすがに音楽と歌は素晴らしかったです。
いい勉強になりました。

f0185066_18103631.jpg

さあ、いざ、朝ごはんを食べに。
って、まだ外は暗い。
向かいに建つホテル。












f0185066_18105216.jpg

シェーンブルン宮殿。
クリスマスツリーとクリスマスマーケットの屋台が邪魔と言えば邪魔。













f0185066_18110184.jpg

庭園のネプチューンの泉ごしにシェーンブルン宮殿を見る。
水は出てない。























f0185066_17522769.jpg

てくてく丘を登って、グロリエッテに着く途中。
宮殿と遠くにリンク辺りが見える。
シュテファン寺院も。












f0185066_18111253.jpg

グロリエッテ。
有料エレベーターで上に登れるらしいが、登る人は誰もいなかった。
内部はカフェもある。












f0185066_18112631.jpg

グロリエッテ内のカフェ。
休んでいたら、ちょうどその時だけ雨が降ってきた。
歩いてきた人が皆、駆け込み、カフェは満員に。












f0185066_17215364.jpg

ホテルのカフェ。














f0185066_18113148.jpg

名物料理。
手前はヴィーナーシュニッツェル。
ミラノ風カツレツのウィーン版?肉は薄い。
奥のはグーラシュ。
どちらもおいしかった。










f0185066_18113454.jpg

オペラ座の階段部分の吹き抜けから。























f0185066_18113713.jpg

オペラ座の幕間に軽食と飲み物を摂るところ。
ここで昼間のシェーンブルン宮殿の母子に再び会った。













f0185066_18114005.jpg

オペラ座劇場の内部。














f0185066_18114368.jpg

オペラ座の劇場内部。
桟敷席の木製手すりの白い四角の部分に各言語の訳が出る。








by fa-crescent | 2019-01-11 18:05 | 旅行