人気ブログランキング |

クレッセント日記

facrescent.exblog.jp

フラワーアレンジメントの講師をしています。日常の色々を綴っています。

ブログトップ

カテゴリ:未分類( 8 )

青天の霹靂3

検査入院は結局短縮されて3日間で済みました。

入院2日目は朝から絶食でした。
そして、お昼過ぎに始まると言われた検査は結局午後4時から始まりました。
入院患者は何かと後回しにされます。

検査自身は1時間ほど。その後、2時間ぐらいして目が覚めると言われたのですが・・・・。
午後7時には目覚めるはずでしたが、私が目覚めてテレビをつけたら「報道ステーション」(午後9時54分始まり)が始まったところでした。
3時間のはずが6時間も寝ていました。
どんだけ寝てたのか・・・。
そして、すぐ消灯時間になったのでした・・。

翌日も朝は絶食。
お昼前に主治医の先生が採血の様子を見て、やっとお昼ご飯が食べられました。
生検は口から入れた内視鏡で行なわれたので、食事後大過ないか様子を見てから退院しました。

その主治医の先生が病室で「恐らくリンパ腫だと思います」と軽~~く告知。
検査入院だったので検査をする人ばかりの大部屋でした。
隣の人の会話も丸聞こえでした。
「先生、○○の数値悪いですよね」「再発ですか?」とか・・・。

確かにこの病院はがん専門の病院です。
ほとんど全部がん患者さんだと思います。
先生方にしてみればがんは日常で、たいして珍しい病気じゃないでしょうが、患者一人一人にしてみればがんは大変な病気なのです。
この辺りの温度差はとてもよく感じました。
でも、看護師さんたちは皆、優しかったし、いろいろ気を配ってくれたのでした。



入院して行なった生検の結果は1週間後にわかるということでした。
その日は主人と次男が一緒に主治医の話を聞いてくれました。
この一週間が長かった~~。蛇の生殺し第2弾です。

リンパ腫の種類によっては週単位で進行するものもあるそうです。
私のがそれだったら、と思うと1週間はとても長い時間でした。

ところが、覚悟して診察室に入ったのに、細胞の培養がまだとのことで、血液・細胞療法部の先生への紹介や治療方針はまだできないとのことでした。
主人も次男も仕事をやりくりして来てくれたのに・・・。

ということで、更に1週間待たなければいけなくなりました。
蛇の生殺し第3弾です。

そして、一週間後、血液・細胞療法部の先生から初めて診断を受けました。

やはり悪性リンパ腫でその中でも比較的多いタイプとのことでした。
色々な説明が必要だったので、かなり長い診察時間だったのですが、とにかく何というか、ま、こういう病気です、と事実をあっさりでした。
前にも言いましたように、とにかく病院中がん患者さんだらけなので、医師にとっては日常の風景なのでしょう。
患者さんにとっては色々なことが一時に押し寄せて来て、用語を理解するだけでも大変なので「が~~ん」という感情に浸っている間もありません。

その日は11時予約だったのに、呼ばれたのが12時半。その後、骨髄穿刺。血液採取。レントゲン撮影。心電図。心エコー。と検査だらけ。
その後、入院予約にPET予約。
全部終わったのが5時近くになっていました。



青天の霹靂、とは予想しない突然起こるできごと、という意味ですが、本当は私の場合、青天の霹靂とは少し違うような気がします。

というのも、母が73才、父が62才でともにがんで亡くなっているので、私もいつかはがんになると思ってはいました。
テレビの保険のCMでも二人に一人ががんになるとか言ってるし・・・。

だから、確定診断されたときも「やっぱりね」。
ただ、固形癌と違って血液のがんになったのは「そっちか・・・」と予想外でした。

また、何となく、両親ぐらいまでは生きるような気がしていたので、「ちょっと早いような」気がしました。

でも、何だろう。絶望感だけじゃなかったのは意外で、案外落ち着いて受け止めたのでした。

私が一番恐れていることは、認知症になることと、お金もないのに長生きすることだったからです。

「はよう、のうなってくれんか」←名古屋弁?(早く亡くなってくれないか)
「まだ生きとらっせる」←名古屋弁?(まだ生きていらっしゃる)
って言われることはないかもって。

ただ、私の病気は結構抗がん剤が効くようなのです。
かの有名な近藤誠先生(著書『患者よ、がんと闘うな』『がん放置療法のすすめ』の)でさえ、抗がん剤が効く数少ないがんの一つと断言しています。

さて、どうなることやら。


by fa-crescent | 2019-07-16 10:07

青天の霹靂

ブログ、約1カ月休んでしまいました。

読んで下さる人が少ないブログとは言え、自分の超個人的なことを書くべきではないのでは?とも思いましたが、今現在、私の生活はそのために激変していますので、それを抜きにしては話にならないので、書こうと思います。

この一か月の間、実は2度の入院とか色々ありました。



ことの起こりは4月に受けた年1回のMRIでした。

「息を吸って止めて~」を何回かした後、「はいこれで最後です」と言われたあと、「あ、あと少しします」となぜか追加で息止めをさせられました。
そして、一旦、筒から私を出した後、「下の方に少し影がありましたので、下の方も撮ります」とお腹に巻いたものを少し下にずらしてもう一度筒の中に入れられて、さらに追加で撮られました。
「影???」

この時、今思えば、ちょっとした覚悟はできたのでした。
結果は一週間後に主治医の先生から聞かされました。
「血液検査の結果は良かったですし、膵臓も変化はありません。」

私はもともと健康診断の超音波検査で膵臓に嚢胞が多数あることがわかって、こういう体質の人は嚢胞からではないけど膵臓癌になりやすいので、と年一回のMRIとEUS(超音波内視鏡検査)をしています。

で、その膵臓は何ともないと言うのですが・・・。
この部分に9cm大のモノがあります、と、先生は写真を見て言いました。胃の下、左の腎臓の前に何かがあるそうなのです。
確かに素人の私が見てもグレーの大きなものがあります。
「リンパ腫か間質系腫瘍だと思われますので、入院して生検をしてみましょう」。
確かにある程度覚悟はしていましたが、9cmって・・・・。

しかも、この先生はこの後、何度も「リンパ腫」と言う言葉を使うのですが、いつも「リンパ腫」としか言わないのです。
そう言われると何か、良性のリンパ腫があるような気がしますが、それはなくて「悪性リンパ腫」のことなわけです。
「平日で5日間くらいとれる日はないですか?」と言われたので、NHK文化センターの講義はちょうど連休明けの翌週にあったので、それが終わってからの入院ということにしました。

この日の私の精神状態は今思うと、すごく変でした。

どこかでこう言われることを覚悟していたような、でも、まるで何だかドラマのようだなとか。
急に言われても、NHKやお花の講習会やお稽古や写真教室や木工教室はどうすればいいの?とか・・・。
この日はこのあと自宅のお稽古を予定していたので、3時までに帰らないといけないのに、とか。
診察の後の入院手続きとかCTの手続きへ行く途中で涙がふいに出てきたりとか。

とにかくイライラして(行く先々で待たされたので)、自宅に着いたのが生徒さんたちが来るほんとに5分前でした。




by fa-crescent | 2019-07-12 17:48

40度超え!

昨日、名古屋は40.3度だったようです。

遂に遂に大台に乗ってしまいましたね。
長いスパンで見れば氷河期に向かっているかもしれないけど、私の生きているこの期間は間違いなく温暖化になっているな、と思う今日この頃です。

そんな暑い昨日、私は撮影実習で名古屋駅に行きました。
建物内や地下でへろへろ撮ろうと思っていたのですが、つい「ささしまライブ」まで歩いて行ってしまいました。
「ささしまライブ」は遠かった・・・・。
(帰りは3人でタクシーを使いました。撮影実習の中でタクシーを使ってのは初めて!)。

実習後半はお店に入って涼んでしまいました。
おかげで昨日ほど撮れない実習はありませんでした。
テーマも難しかった。
広角レンズで撮るということでAPSCで15mmに固定して撮りました。
が、これがなかなか・・・・。


さて、今頃ですが、自宅のお稽古の4月から6月の花をupしました。
よろしかったらご覧ください。



f0185066_10361054.jpg


by fa-crescent | 2018-08-04 10:54
翌日、体調が今一つでも、アンコールワットの夜明けを撮るべく早起きをしました。
そして、感触の悪い浮橋を這うように歩き、なんとか朝焼けの美しいアンコールワットを撮ってきました。

3日目の夜明け。f0185066_20255380.jpg













f0185066_20265351.jpg























暗いうちからたくさんの人が夜明けを待っています。
じっと座って待っていると、様々な言語が飛び交っているのが聞こえてきます。
かって聞いたことのないような言葉も。
アンコールワットって、今まで行ったどの国よりも色々な国の人がいたような気がします。
そして、日本語が聞こえてくるとちょっとホッとしたりしたのでした。
(以前より、日本人が少ないそうです)。

f0185066_20351380.jpg太陽が昇ると、ぞろぞろ帰る人たち、
そのままアンコールワット見学をする人たち、といろいろ。













ホテルに帰ってからの朝ごはん、私はパスしました(←美味しかったのにもったいない~)。
そしてこの日はその後、足を延ばしてシェムリアップから車で1時間半ほど離れたベン・メリアとバンテアイ・スレイへ行って来ました。


f0185066_20462054.jpgベン・メリアは密林の中にひっそりと眠る巨大遺跡。
遺跡は崩壊が進んでいて、まだあまり修復が進んでいないので、欧米人に人気だそう。
ただ近年は観光化が進み、あまり密林という感じはしない。












f0185066_20465287.jpg以前はがれき状態のところに入り込んで事故で死亡した観光客もいたらしい。
今は歩道が渡されている。













f0185066_20375190.jpgベン・メリアにあった地雷撤去の跡。























f0185066_20545968.jpg彫刻の美しいバンステア・スレイ。ここは小規模な遺跡。























この日はとても天気も良くて遺跡も美しいかった、のですが・・・・。

ガイドさんが、「私は外で待っていますから、一周して下さい」って言ったときは正直一番きつかった~~~。
ガイドさんから見えない場所でこっそり座って、主人が一周するのを待っていました。
ガイドさんがとにかく熱心で勉強家で色々詳しく説明してくれる人で、彼に何か悪いな、って思ってしまったのでした。

そして、ここから写真を撮ると良い、ここで二人を撮ってあげる、というのに何とかついていったのでした。

f0185066_20554685.jpgガイドさんお薦めアングルから。























そして、バンテアイ・スレイを見学後、予定を変更してレストランへ行くのをやめてホテルへ帰ってもらいました。

今回、こうなることを予想したのでしょうか。
ツアーにするか個人旅行にするか迷ったのですが、結局個人旅行にすることにしたのでした。
ツアーはかなりスケジュールがタイトで、たくさんの遺跡巡りをします。
でも、ゆっくり写真を撮るなら、個人で行った方がいいと思ったのでした。

アンコールワットに一番近いホテルでしたが、どこに行くにしろトゥクトゥクか車で行きます。
今回、1日目と2日目と3日目は車と日本語のできるガイドさんを頼んでいました。

これが本当に今回は正解でした。

カンボジアの運転手さんはまるで待つことが一番の仕事のように、遺跡見学の間、ずっと待っていてくれます。
そして、この運転手さん、すごく運転がソフトで上手でした。
ここの道はバイクとトゥクトゥクと車がまるでぴったり並ぶように走り、隙あらば、対向車線に出て追い抜きをかけます。
対向車が来てもお構いなしです。
なかなか運転技術が要る町です。

車のおかげで体調の悪い私でしたが、快適に移動ができました。
(車中、ほとんど寝てました。)
そして、自由に予定を変えたりできたのでした。

ところで、余談ですが、こうして私的にはわがままを言ったつもりでしたが、ガイドさんから「もっと色々希望を言ってください。」「日本の人は本当に遠慮しますね。」的なことを言われてしまいました。
そんなに他の国の人はやりたい放題しているのかな?と逆にびっくりでした。


さて、その後、私たちはホテルでゆったり過ごし、ホテルで少し夕飯を食べて・・・そして吐いちゃったりして・・・・3日目が過ぎていったのでした。






by fa-crescent | 2018-01-11 01:12

インスタグラム

今年の夏は何だか変な気候でした。

東日本と違って日差しはちゃんとあったんですが、例年と比べるとあまり暑くないような・・・。
そのくせ湿度はとても高くて。

それに、ここ数日はそうでもないですが、洗濯物を外に干しづらい不安的な天気が多かったような気がします。
晴れていたと思ったら、急に凄い雨が降ってきたり、雷が鳴ったり。
それもかなり局地的な降りだったり。

やはり、異常気象なんでしょうね。



ところで、世の中はinstagramが流行っていて、「インスタ映え」などと言う言葉がよく聞こえてくる今日この頃です。
何でもかんでもインスタ映えで、食べ物などインスタ映えすれば味は二の次なのかな、などとオバちゃんは思ってしまいます。

そういうことになかなか付いて行けない私ですが、ここに来てようやく私もinstagramを始めました。

最近、色々なブログが更新があまりないな、と思っていましたが、どうやら結構皆さん、instagramの方に流れているようなのです(私の勝手な感想です)。
両方を更新するのってなかなか大変ですものね。

いろいろな方の写真を見られるinstagramをしてみようかな、と思い、始めたのでした(じゃなくて、本当は写真教室の方々に影響されて、です)。

と言うことで、まだ投稿数は少ないですが、よろしかったらご覧ください。
instagramはこちらからです。

   ↓
  kurekuri



by fa-crescent | 2017-08-28 16:39

ゴッホとゴーギャン展

現在愛知県美術館で開催されている「ゴッホとゴーギャン展」に行って来ました。
混んでいる休日に美術展を見に行くのはあまり好きではないのですが、主人がその日ぐらいしか行けないので。

f0185066_1822896.jpg















思ったより絵があったような、なかったような・・・・。
人が多かったので、すっ飛ばして見たのでやはりあまりなかったような・・・・。



「ゴッホとゴーキャン展」のチケットで入れる愛知県美術館のコレクション展の方が面白かったような・・・・。

あまり絵に詳しくない私がいろいろ言うのもなんですね。
この間のスペイン旅行中、現地ガイドさんがプラド美術館などで、この絵1枚で日本では大々的に展覧会が開けるなどと、いろいろな絵を紹介するたびに言い続けていたので、日本に来る絵ってあまり大したことのない絵が多いのかな、なんていう先入観があったのかもしれません。

ただ素直にこの絵がいいわ、って思うのが一番かもしれませんが、なかなかそんな境地は無理で、あ、この絵は有名な絵だ、この絵は教科書にあった絵だ、とかいう基準でしか絵を見られない私です。





by fa-crescent | 2017-02-13 18:11

修学旅行?2

f0185066_16425792.jpg仁和寺にて。



























2日目は朝ごはんをタラフク食べてゆっくりとお宿を出発。
平等院に行き、その後京都のお宿に着きました。

平等院は小学校の修学旅行以来。
その頃と様相が変わっていました(ある意味当たり前?)。
美術館みたいなモダンな建物が入り口です。
宝物館もとてもオシャレでモダンでした。


お宿は京都市役所近くの老舗旅館の別館です。
そこに車を置いて、近くのホテルでアフタンーンティーをしてゆったりまったりしたり、近くのお店をのぞいたり、河原を散歩したり。

その日はのんびり過ごして、翌日は朝ごはんを早々に食べて京都御苑へ。
この日は先着2000名が京都迎賓館を見学できる試験公開をしていたのです。
それについてはまた後で。

午前の見学は定員いっぱいになってしまったので、午後2時見学にして、その間に仁和寺へ。
御所からお宿へのタクシーの中で、運転手さんに今日はどのあたりが空いているか聞いてみたら、行ってみようと思っていた仁和寺は「ああ、あそこはガラガラ。桜の時期しか良くないからね。」なんて言っていました。

それで一旦お宿に着いてから車で仁和寺へ。
確かにガラガラで、でも寂しいほどではなくて、予想外に良かったです。
新緑が美しくて、建物も素敵で。

もしかしたら京都のお寺の中でも好きなお寺上位かも。

その後、京都迎賓館を見て名古屋に帰ってきました。

今回は車で行きました。
渋滞は覚悟していたのですが、色々な道を駆使したせいか、ほとんど引っかかりませんでした。
唯一、帰りの新名神の土山SAから亀山JCTまでは渋滞に引っかかりましたが、ここはもうしょうがありません。
我が家はいつも亀山JCTから東名阪自動車道の下りに入ってちょっと走り、亀山PAから下道に降りて渋滞を避けます。
この下道が広域農道で、走りやすくて景色も良くて気持ちの良い道なので、渋滞があるとすぐ高速を降りてしまいます。
が、今回この道、結構車が走っていました(いつもは前後にほとんど車がいないのに)。
流石にゴールデンウイークだから?


3日間、天気予報は裏切られ(?)少しも雨に降られず、暑くも寒くもなく過ごすことができました。
ラッキーでした。

f0185066_17541579.jpg平等院鳳凰堂。
10円玉の。













f0185066_16442627.jpg
Rホテルのアフタヌーンティ。
とっても甘くてとっても酸っぱいデザート満載。
飲み物が2種類ついていてそれぞれが何杯も飲めるので、おなかが超満タンになった。
季節的に外の席がとても素敵だった。
















f0185066_1645349.jpg


仁和寺にて。













f0185066_16462068.jpg

仁和寺にて。













f0185066_16464550.jpg

仁和寺にて。



















f0185066_16493090.jpg

仁和寺にて。











f0185066_1648482.jpg
仁和寺の五重塔。




















f0185066_16482876.jpgこちらは法隆寺の五重塔。

by fa-crescent | 2016-05-10 18:34

ダウンしてました。

PCが、じゃなく、私がダウンしてました。

元日は実家のみんなと外食し、2日の恒例の松坂屋の蓬莱軒は、今年は私だけパスしようと思っていたのですが、なぜか行く羽目になり、そのままヨドバシカメラなどを廻ったりし、3日目は熱田神宮へ行き、そのあと近くの家電量販店へ行き、4日はまたヨドバシカメラへ行き、そのあと久しぶりだとコストコへ行ったりしたものだから・・・・、その日の夜から寒気と熱と喉の痛みと頭痛と胃痛に苦しめられることになりました。

熱は38度とたいして高熱でもないのに、なぜか非常にシンドイ。立ち上がるのがたいへん苦痛。
耐えられなくてお医者さんに行ったら、インフルエンザではないとのこと。

まあ、要するに単なる喉の炎症による発熱らしい、です。

それにしては少々のことでは最後の洗い物(食器や鍋など)は絶対行ってから寝る私が最初の日はできませんでした。
トシなんですかね・・・・。


ところで、なぜ、そんなに電気屋さん廻りをしたかというと、我が家の掃除機と電子レンジがいよいよ限界になって来たので。

我が家の玄関を入ったところは今、コストコで大量買いしたものと配達されてきた電子レンジと掃除機でエライことになっています。

f0185066_15381534.jpg
正月3日の熱田神宮の入り口




















f0185066_15494953.jpg
夕方近くなので、もう空いているかな、と思ったけど・・・。












f0185066_15384124.jpg
ちょっとずつ進む。
でも、意外とすんなり行けた。




















f0185066_15385249.jpg
特別拝観所から見る。
よく考えると熱田さんに初詣したのって何十年ぶり。
(ていうか、記憶にない・・・ほど)。
中まで入ったのは初めてだと思う。








f0185066_1539437.jpg
車を止めた駐車場まで帰る途中の御陵橋から。
by fa-crescent | 2016-01-07 15:50