人気ブログランキング |

クレッセント日記

facrescent.exblog.jp

フラワーアレンジメントの講師をしています。日常の色々を綴っています。

ブログトップ

<   2009年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

今年もあと少し

怒涛のお正月花のお稽古もいよいよ残りあと3クラスになりました。
皆さん、意外と早く上手にアレンジしていました。

きっとお正月過ぎまで美しくお部屋を飾ることでしょう。


ところで、去年のクリスマスイブ、外食をしたら、周りは若いカップルばかり。
おばさんおじさん夫婦はどこで外食をしたら良いのか、ということをブログに書きました。
クリスマス終わっちゃいますね
さて、今年のクリスマスイブの夕食はどうしたかというと・・・。

ときどき行く大学の先輩が経営している洋食屋さんでコース料理を食べました。
洋食屋さんなので、お値段もリーズナブルでアットホーム。
また、そこは客の年齢層が割と高めなので、周りは同じような年の夫婦またはファミリーばかり。
(若い女性グループもいましたが)
偶然、いつも一緒にバーベキューをする友人夫婦もいて、楽しくお食事ができました。
やはり、同じような年恰好の中のほうが落ち着けました。

これから、この手でいこうかな。
by fa-crescent | 2009-12-27 22:49 | たべもの
なんだか今ひとつやる気が出なくて、年賀状書きが進みません。

12月22日が舅の祥月命日なので、例年その前の日曜日に兄弟一家と姑が我が家に来ます。
それまでは家中散らかせなくて、年賀状が書けませんでした。

今年は十七回忌の法事をお寺で行ったので、家には誰も来ませんでした。
なので、その言い訳が通用しません。
でも、書けない。

思えば、年賀状書きもいろいろ変わって来ました。
その昔、結婚したての頃は「プリントごっこ」で印刷していました。
そのうち、パソコンでプリントし出して、でも宛名書きは拘って、自筆で書いていました。
でも、2,3年前から、それさえもプリントで打ち出すようになって、だんだん手抜きに・・・。
それなのに、進まない。

大体、自分の年賀状だけなら、もっとさっと書いている気が・・・。
主人の分や親戚の分まで、それぞれ、図柄も変えてプリントしたりするので、余計進まないのか。


うちは友人用には一家4人全員の写真入りのを送ります。
子供が小さいうちはみんなが写真入りのを送ってくるので、よしうちも、でも子供だけのだとなんだか親ばかみたいだし、っていうので、家族で写っているのを送り出して、そのまま未だにファミリー写真を送っているわけです。

いいかげん、むさい息子二人とおばさん、おじさんの写真入りなんて、受け取るほうもいやだろうと思うのですが、なんだか、つい・・・。
でも、おかげで久しぶりに会う友人に、「老けたね」って言われずにすんでいます。
つまり、写真でだんだん年取っているのを見ているわけなので。
(と勝手に思い込んでいます)。

もっとも、友人といっても、未婚やお子さんのいない人には写真入りではないのを送っています。
そういう差をつけるのもどうかと思いますが、なんとなく・・・・。


それにしても、年賀状って不思議。

たいして親しくもなかった人でも、毎年なぜか送っていたり、
あんなに仲良かったのに、いつのまにか来なかったり、
年が明けて大分経ってからしか返事が来ないから、もうやめようと思って書かなかった人がその年は元旦に来て、あわてて返事を書いたり、


でも、なんだかんだ言っても、元旦に年賀状が全然来ないなんて日が来たら、やっぱり寂しいでしょうね。

書くのは面倒だけど、来るのは嬉しい。
(なんだかCMのせりふみたい)
by fa-crescent | 2009-12-24 00:46 | 季節のいろいろ
2005年の7月に買ったパソコン。
デスクトップですが、一体型で、大きな画面で、テレビも見られるパソコンですが、よく調子が悪くなる。
毎日TVの番組表が送られてくるのだが、ときどきうまく送られてこない。TVがときどきフリーズして、電源を落とさないと、うんともすんともならないことがある。

1年半ほど前、電源スイッチを押しても立ち上がらないことがあった。
静電気がたまってるかも、とすべてのコードをはずしてみたりしたけれどダメ。
修理を頼んだら、マザーボード交換とのこと。
幸い3年延長保証中だったので、無料でしたが。

今回、また同じ症状が出る。
今度は何?

あ~~あ。今度は有償だ~~~~。

さて、どうしよう。

とりあえず、今はなんとかかんとか立ち上がらせているけれど・・・・。


ところで、なぜパソコンに「さま」をつけているかというと・・・。
あんまり悪口をいうと、本格的に壊れるかもしれないから・・・・。

以前、テレビの悪口(ブラウン管なので図体がでかい、とかなんとか)を言っていたら、それまでなんの調子も悪くなかったテレビが、その日の夕方、いきなり電源が落ちてそれ以降つかなくなったことがありました。寿命だといわれて買い替えるはめになって大出費でした。

なので、我が家では道具類の悪口を言わないというルールがあるのです。
by fa-crescent | 2009-12-14 23:48 | グッズ
今週はじめの日曜日の夜に発熱してから一週間。
今日、やっと普通の生活っぽくなってきました。

近年味わったことのないだるさ、熱、こ、これはインフルエンザ~~~?
そういえば骨の節々も痛い。

ということで、月曜に朝いちでお医者さんへ行ってきました。
でも、季節性でも新型でもインフルエンザ反応はマイナス。

こんなにしんどいのに・・・・。

点滴をしてもらっている間に入った隣のベッドの子が泣いてるさまはかなりしんどそう。
小学校の低学年の男の子らしい。(カーテンで見えないのです)
あまりのしんどさに息を吸い込むようにして泣いている。

それに比べたら、私は確かに軽い感じ。

翌日念のため、先生にほんとにインフルエンザじゃないか聞いてみました。
インフルエンザの症状はこんなものではない、とのこと。


でも、でも、38度台の熱は平熱が35度台の私としてはかなり厳しい。
それ以上にとにかくだるい。脱水症状かと思って水分を取ってもだるい。
起きてられない感じでした。
さらに胃腸がストライキを起こし、まるで働かない。
3日間あまりまともなものが食べられませんでした。

結局まる一週間、何も出来ず。
幸い、あまりスケジュールの入ってない時期でしたが、それでもいろいろキャンセルしました。


ところで、久しぶりに寝込んで考えたこと。
独身の時って今思えば良かった。
一日寝てても良かった。
おなかがすいても母が何か作ってくれた。

もちろん、家事なんかしなくてもよかった(なにしろ健康なときでもしないわけだから)。

ところが、現在。
一応、居間のソファで寝ているとインターフォン、電話、と何度も起き上がらされる。

家には卒業試験真っ最中のまるでニートのようなのがいて、ご飯を欲しがる。
(こういうときぐらい作ってくれても罰は当たらないでしょうに)と思うが、そのせいで落っこちたと言われるのがシャクだし。

洗濯物は毎日、容赦なく出る。
(こういうときぐらい洗濯してくれても罰は当たらないでしょうに)と思うが、そのせいで落っこちたと言われるのがシャクだし。

掃除機はかけなくても死ぬことはないけど、日々埃っぽく、ごみっぽい部屋になる。
(こういうときぐらい・・・・以下同様文)

ゆ~~くり時間の感覚がなくなるくらい眠っていたかった。


でも、こうして少し健康を損なうと、日頃はどこも痛くもだるくも気持ち悪くもなくって、それはあえて意識していないけれでも、ほんとうにありがたいことなんだな、ってしみじみ思いました。

よくテレビなどで、絶えずしびれている、常にどこどこが痛む、薬を飲んでいないと耐えられない、などの症状で悩んでいる人たちが出てきますが、もし、私がその立場になったら、果たしてどのようになるか、それでも生に立ち向かっていけるのか、疑問に思えてしまいました。

こんなインフルエンザでもない風邪くらいでここまでダメージを感じるへたれなので。


なるべく健康でいたいものです。
by fa-crescent | 2009-12-12 21:18 | そのほかのいろいろ
昨日のお昼過ぎ、主人の時間が空いたので、ちょっと小原村の四季桜を見に行ってきました。

木工教室の先生のブログにそのことが載っていたから、それでは、と。

愛知県豊田市の小原村といえば和紙で有名です。
和紙を使った作品が展示してある「和紙のふるさと」に行って、和紙を使った絵画を見て、昔風の民家でヘルシーな和食膳を食べて、県指定の天然記念物の前洞の四季桜を見て、お豆腐買って帰ってきました。

街中、四季桜がそこここで咲いていました。
ソメイヨシノと比べると、木自身が小ぶりで、花も小ぶりですが、かすんだ感じがやはり桜。

盛りは過ぎていたようですが、充分きれいでした。
なんだか、不思議な感じです。

桜の薄いピンクと紅葉の赤黄。

雨模様でしたが、なかなか風情がありました。
観光客があまりいなかったのも良かったかも。

f0185066_1727779.jpg

f0185066_17274613.jpg昔の民家のお食事どころ。細部まで和紙や古き良き懐かしいものを使った凝ったインテリアでした。







下は県指定の前洞の天然記念物の四季桜。 なにげにあったので、見逃すところでした。道から少し下がったところにあるので、上から撮ったところ。
f0185066_17293477.jpg

by fa-crescent | 2009-12-04 17:13 | お花関連

今年のクリスマス花

12月に入りましたね。
今年もいよいよ最後の月。なんだか1年が早い。

再開したお稽古。11月は後半に集中していましたが、全クラス終わりました。
全クラス、クリスマス花でした。
ということは12月になったのに、私的にはクリスマスは終わったと言うことになります。


今年はリフォームやら、花展のプロデュースなどで頭がいっぱいで、例年行っているクリスマス花による体験教室はパスしてしまいました!

実は希望者はいらっしゃったのですが・・・・。


ちょっと心残りですが、とにかくクリスマス花とはお別れして12月はお正月花になります。


下の写真は今年のクリスマス花いろいろ。

f0185066_025411.jpg真ん中はヒバの残り枝で作ったリース。両脇は生徒さんの作品。生徒さんが帰るときに、玄関の靴箱の上にあったリースの両脇にちょっと置いてみたらなんだかすっごくクリスマス~という感じになったので、つい写真に撮ってしまいました。


f0185066_016913.jpg
欠席した生徒さんに頼まれて作ったもの。2段のスフィアのクリスマス花。教えながら作ったので少々手抜き(?)
f0185066_032071.jpg
クリスマスツリーのクラスの時についでに頼んだ花材で作ったもの。主人の仕事場に置きます。ほんとはもうちょっと小さく作るはずのものですが、花材が余っているのがもったいなくて、大きく作ってしまいました。そのため、生徒さんたちの作ったものよりかわいらしさが足りない。なんだか変にまとまったごっついものになってしまいました。大きければ良いというわけではない、という典型(?)。
f0185066_0171925.jpg
生徒さんが置いていった残り枝や家にあった残り花材で作ったもの。これも主人の仕事場行き。
by fa-crescent | 2009-12-02 00:19 | お花関連