人気ブログランキング |

クレッセント日記

facrescent.exblog.jp

フラワーアレンジメントの講師をしています。日常の色々を綴っています。

ブログトップ

<   2014年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

二十七回忌

今を去ること26年前の1988年は3月に次男が生まれ、5月に実弟が結婚し、7月に実父が亡くなりました。
思えば私にとって1年の間にいろいろなことが起きた年でした。

ということで、昨日、その父の二十七回忌の法要が行われました。

場所は八事の興正寺。
ここは徳川家ゆかりの広大な敷地を持つお寺ですが、以前は素朴なゆったりとした、地域のみんなの憩いの場的なお寺でした。

それが、近年、営業に目覚め、いろいろな施設、建物を次々に建てたり、古い施設を破壊、解体したり、土地を切り売りしたり、お派手なイベントをしたり、まあ、時代の流れなのでしょうか、残念な気もかなりしていたのですが・・・。

新聞などでもお騒がせしていたりもして(高野山の本山との確執とか)。


昔は法事といえば、一件だけで、本堂や講堂などは貸し切り状態で、子供たちもお寺をぐるぐる探索したりしていたのですが、昨日は7、8件も法事が入っていてまるで結婚式場のような流れ作業でした。

控え室ではお抹茶をゆっくり自分たちでたてて、お客様に適当にお出しできたのが、今は一番奥のお茶室まで行って、普通のお茶席のように着物を着たお運びさんに供される形。

何だか他人行儀でちょっと淋しい気がしました。

そんな興正寺の一番新しい(?)施設がこれ ↓

f0185066_1051839.jpg
f0185066_10512418.jpg
エスカレータ。
境内奥から墓地に行くのに便利。
もっとも以前は境内から車で墓地まで行けたのが境内車乗り入れ禁止にしたせいなのだが。

でも、実際は登るのは楽になったが、そのあとの砂利道、石畳に足の悪いお年寄りは往生していた・・・。
















本堂でのお経のあとはお墓でのお経。
そのあと、車で名古屋の街を横断して、食事は名古屋駅上のホテルの日本料理屋さんでしました。
(遠方からの親戚が多いため)。

ここのお店の椅子席には行ったことがあったのですが、奥のお座敷は初めてでした。
25名ほど入れる坪庭と外の庭に囲まれたお部屋は、ここがホテルの中?という素敵な空間でした。

18階ですが、もっと高いような眺望も素晴らしかったです。

下の3枚の写真はいずれも余所から頂きました。
(何しろ、久しぶりに会った叔母チャンたちと話がはずんで、写真を撮り忘れてしまったのです)。

お料理もとてもおいしく、ゆったりとした時間が過ごせました。
(と言っておこう)。


f0185066_1115610.jpg
f0185066_11252446.jpg
f0185066_1281287.jpg





























久しぶりに会った叔母や叔父や従兄。
鬼籍に入った親戚も数多くなりました。
ぴんとしていた伯母がすごく腰が曲がっているのなどを見ると、時は確実に流れているんだな、と実感します。(それより、自分の顔を見た方が早いかも?)


次に会えるのはいつになるのでしょうか・・・・・・。
by fa-crescent | 2014-06-30 11:55 | そのほかのいろいろ
今日はお花の先生の集まりの講習会で、立華を勉強しました。

立華とは、立てる形式のいけばなのことで、どうやらいけばなの成立した室町時代からあったようです。
以後、いろいろな変遷を経て、今日勉強したものは現代立華というもののようです。

私は何しろいけばなはお生花の基礎さえないのですから、立華などは????です。
しかも今回でまだ3回目のお稽古です。


f0185066_227773.jpg
今回は少人数の講習会。
先生は男性の方。













f0185066_2274548.jpg
真が真中まで戻っていない不及形。




















立華は写真の通り、かなり花材を矯める必要があります。
下の方の左右の葉など直角に曲がっています。

もちろん、自然には矯められませんので、ワイヤーを使用します。
この矯める技はフラワーアレンジにも使えます!
今日は立華の何たるかの入り口にも立てなかったですが、矯めるいろいろな技はとってもタメになりました(シャレ?)。
by fa-crescent | 2014-06-22 22:11 | お花関連
今月のNHK文化センター高等科の花型は「オー」。
アルファベットの”O”の形を表現した花型です。

f0185066_17575473.jpg





















この花型はとにかく花選びが大事です。

”O”というよりどちらかというと”U”の形に近いフレームラインですが、この形になるような花材がなかなかないのです。

今回はオンシジウムを使って、カーブをつけたワイヤーを添えて、フレームラインを作りました。

さすがに高等科、皆さんやすやすとアレンジしていました。
by fa-crescent | 2014-06-20 17:59 | お花関連

EOS学園作品研究講座

EOS学園の作品研究講座。
1年間のステップⅠ講座からステップⅣ講座を終えた人たちが入るクラスです。

私はもう一人の友人と一緒に、他の先生のステップ講座を終えてから、半年だけ今と同じ講座に入りました。
1年で終えるカリキュラムだったことを入ってから知って(先生によって違うので)、引き続き、4月から同じ講座を受けています。

ステップから上がってきた人たちより半年だけ先輩なわけです。
でも、いろいろな知識が欠如していることを今、思い知らされています。

先生の「ステップの時に教えたんだけど」の台詞には「だって、他の先生のステップだったも~~ん。そんなの教えてもらってないも~~ん。」などと、他の先生のステップ出身者同士、慰めあっている状況です。

実際、今教えてもらっている先生ほど、他の先生は細かく、詳しく言ってないような気がします。


さて、さて、知識的にもイマイチな私ですが、写真を撮るということは更にまだまだダメダメです。

教室には前回の撮影実習で撮った写真の中で良いと思われるものを5~10枚ほどプリントして持っていきます。
その中から先生が2、3枚選んで下さるので、更に色や明るさやコントラストなどを調整して、2Lサイズにプリントし、最終的にA4サイズのものを2枚プリントします。

教室生全員のそれを壁に貼りだして、皆がそれぞれ2票ずつ投票します。

その中から票の多かったものや、先生が良いと思ったものがノミネートされるわけです。
ノミネートされたものの中から、その期(3か月)で数枚選ばれて、1階のショールームの奥に飾ってもらえます。


私の場合、自分の中で一番気に入ったものは、大抵第一段階で、先生の選抜から外されます。
最終的にA4判にするセレクトも、先生に相談すると、大抵、自分が良いと思ったものと違うものを言われます。
つまり、まだまだわかってないんだなぁということです。

自分がこだわった図柄やアイテムで、撮影時にあれこれいろいろ設定を変えて撮って頑張ったものは案外まずダメで、偶然ひょいと1枚だけ撮ったものが選ばれたりします。

今期、嬉しいことに私の作品がたくさんの中の1枚としてだけど、ショールームの奥に飾ってもらっています。
でも、これも全くのいわゆる「奇跡の1枚」で、何だかちょっと複雑です。


f0185066_22421762.jpg


















昨日、1票も入らなかったのに、ノミネートされたもの。
自分で選ぶ5~10枚のにも最初は入れていなくて、枚数が足りないので最後に入れたもの。
嬉しいけど・・・・。
by fa-crescent | 2014-06-17 22:59 | カメラ関係

自然花の講習会

先日の日曜日、自然花の講習会がありました。

午前10時からだったのですが・・・。
「ああ、今日だった!」と気がついたのが9時45分。

超特急で身支度をしたのですがやはり大幅な遅刻。
何食わぬ顔をしてそっと侵入して座って、何食わぬ顔をしてノートを取ったけど・・・。

旅行で曜日の感覚がなくなっていたようです・・・。


その他、このところいろいろなチョンボ(何語?)が続いて・・・かなり自己嫌悪です。


さて、講習会ですが、今回は自然花の写景という形式の花形を作りました。
写景は四季折々の自然のたたずまいを写していける写実的な花形で、水盤の中を池や水辺に見立て、その中に丘や島を作り、季節の情景を表現します。

と、書いていますが、門外漢の私は先生の見本のまねをするばかりです。
私はフラワーアレンジメントの講師ですが、所属しているのがいけ花の先生の集まりなので、いけ花の講習会にも参加しなければいけませんする機会に恵まれるというわけです。


f0185066_005484.jpg
中心の花は芍薬。
水盤の大きさの割に大きい花が来てしまったので、家では小さい方の一輪のみ使った。







f0185066_02278.jpg
余った芍薬1輪と余った枝でもうひとつ作れた。
by fa-crescent | 2014-06-12 00:08 | お花関連
長崎・佐賀旅行2日目。

この日はハウステンボスを後にして1日焼き物の里巡りをしました。

まずは伊万里 秘窯の里 大川内山
ここは三方を山に囲まれた切り立った岩の麓に伊万里鍋島焼の窯元がたくさん集まっているところです。

ゆっくりいろいろな場所を見て周れば良かったのですが、1時間ほどだけ、いろいろなお店を見て、買い物をしました。


f0185066_10533981.jpg
両側にお店が並ぶ風情ある鍋島藩窯坂。



















f0185066_10535961.jpg
登り窯。













f0185066_122265.jpg
さてこれは何?













f0185066_1054575.jpg
男子用はこれ。
トイレの案内板。















f0185066_10541788.jpg
橋の欄干。



















f0185066_11582045.jpg
手前の焼き物も欄干。




















昼食をはさんで次は私が生け花でも使っている有田焼きの深川製磁本社。
素敵なギャラリーを見て、ショップで買い物を楽しみました。

最後はご存じ、柿右衛門窯。
柿右衛門は約400年前、日本で最初に色絵磁器を完成させました。
華麗な色絵と大胆な余白が魅力で、それ故、贋作も多いようです。
人間国宝の14代目が亡くなり、現在15代目が継承しています。
ここは、意外にもギャラリー、ショップとも規模が小さく、酒井田家が住んでいる家も隣接していました。


目の保養だけして来ました。

f0185066_1055425.jpg
柿右衛門のお店の取っ手。
高そう・・・。




















その日のお宿は長崎市内の山の頂上付近にある旅館。

長崎市は初めて訪れますが、ちょっとびっくりしました。

とにかく平地が少なく、坂ばかり。
川や湾を挟んだ対岸もびっしりと山肌に住宅が建っています。

そして車の通れる道に接していない家がすごく多い!
車の通れる道からそれぞれの家に繫がる狭い階段が、まるで梯子のように並んでいます。
車の通れる道もすれ違いが難しそうに狭い。
車の街名古屋に住む私としては信じられない状況です。

郵便や宅配の人、大変そう。
お年寄り、大変そうです。

でも、景色は素晴らしい。
どの家からも広がった街並みと海が見えそうです。

f0185066_10563449.jpg
お宿のロビーから庭を見る。ここに来るまでの坂道が急で狭くてすごかった。
下手な車は登れないかも・・・。









f0185066_11162541.jpg
お宿の渡り廊下。
いい雰囲気。


















f0185066_11164777.jpg
部屋からの夜景。
世界新三大夜景、だそうです。












3日目。
この日は長崎市内観光をしました。

長崎中華街、
坂本龍馬が設立した日本最初の貿易商社「亀山社中」の記念館、
坂本龍馬、勝海舟、岩崎弥太郎、その他名だたる歴史上の人物や文人が訪れた長崎県の史跡でもある料亭「花月」
珍しい斜めエレベータを上って行ったグラバー園、
元祖長崎チャンポン店、
などを周り、目いっぱい楽しんで夜7時55分発のセントレア行きで帰って来ました。


梅雨入りしたにもかかわらず、天気予報では3日間雨にもかかわらず、日本の他の地方では大雨だったにもかかわらず、ほとんど雨に降られず、事故や忘れ物もなく、ラッキーな旅行でした。

ただ、大勢で行動を共にしたので、ゆっくり写真を撮れなかったのが残念でした。
頑張って写真を撮る同好の士が一人だけで、しかもスマホ撮りだったので、私だけいろいろ設定をいじっている暇がありませんでした。
(↑下手な写真しか取れなかったいいわけ)
カメラはミラーレスを使いました。


f0185066_12322196.jpg
史跡料亭「花月」の広間。
国賓の晩餐にも使われるのだそう。
この部屋で龍馬なども集った。
私たちもこの部屋で食事をした。

この料亭は庭も美しく、見せてもらった。
また、資料館もあり、食事前に閲覧、説明もしてもらった。

f0185066_1295758.jpg
有名な龍馬がつけたという刀傷。



















f0185066_11182065.jpg
総勢9人。





f0185066_11183565.jpg
「春雨の間」。













f0185066_11563029.jpg
「龍馬通り」。
「亀山社中」に続く道を降りる。
かなり急な坂道。




















f0185066_11193644.jpg
亀山社中記念館。
家は普通の家くらいしかない。
周りは普通の民家の軒が迫る。
車では行けない場所。

















f0185066_1120184.jpg
亀山社中記念館の内部。
龍馬がもたれていたという床柱にもたれて、お龍も弾いていた月琴(実物ではない)を持って。
(貸し切り状態だったので、館の人が持たせてくれた)。

にわか龍馬ファン。


f0185066_11191518.jpg
グラバー園のグラバー邸。
残念ながら傷みが激しかった。
グラバー園へは日本初の斜行エレベータで。
このエレベータは日常使いもされていて、乗っていた住人は本当に助かると言っていた。

グラバー園はゆっくり見て周りたかったが、意外にも広かった・・・。
by fa-crescent | 2014-06-09 12:25 | 旅行
6月4日から二泊三日で長崎と佐賀へ行って来ました。

このところ、私的にはちょっと旅行が続きます。
行かないときはぱったり行かないのですが。

でも、行かれる時に行っておこうかなと。

今回は総勢9名。
企画、手配はひたすら人任せで私は乗っかるだけのお気楽旅行です。


1日目はハウステンボスへ。
8年前にも一度行っているので、私は2度目です。
前回は、中国人や韓国人の観光客が多いなと思ったのですが、今回は空いていました。
梅雨どきの平日なのだからでしょうか・・。

修学旅行生は結構来ていましたが、悲しいかな、彼らは高級レストランなどへは行かないので、そういったお店やホテルは開店休業状態でした。

施設や設備は素敵なので残念です。

次の日から「あじさいまつり」でしたが、プレオープン(?)していて、ラッキーでした。

美しい風景に美しい花を満喫できました。

f0185066_20571341.jpg
ホテルの部屋からの眺め。
運河のむこうは別荘郡。
かわいい~~。











f0185066_20575692.jpg
本当にヨーロッパの街みたい。












f0185066_20573566.jpg
塔から見たハウステンボス。
正面奥の大きな建物は私たちが泊まったホテル。











f0185066_20584462.jpg
夜のハウステンボス。
とてもロマンチック。












f0185066_20591591.jpg
食事をしたホテル。



















f0185066_20594451.jpg
部屋から見たハウステンボスの夜景。












f0185066_2135540.jpg
ホテルに飾ってあったアジサイ。












f0185066_210787.jpg
アジサイがとてもたくさん美しく咲いていた。
あじさいまつりのプレオープン中。























続きます。
by fa-crescent | 2014-06-08 22:27 | 旅行