人気ブログランキング |

クレッセント日記

facrescent.exblog.jp

フラワーアレンジメントの講師をしています。日常の色々を綴っています。

ブログトップ

<   2018年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

変な動きをする台風が通り過ぎ、また夏が戻って来ました。
この地方、全然雨が降っていないので、台風で潤うかと期待したのですが、少なくともうちの辺りはほとんど降りませんでした。

台風通過後、数日は33度~35度と比較的涼しかったのですが、今日あたりから夏復活です。
それにしても33度~35度が涼しいって、おかしな話ですね。
でも、私の周りの人たちはそう言うのです、ほんとに。

なんと、さっきツクツクボウシが鳴いていました。
一応、まだ7月なのに。
何だかヘンです、今年の夏は。



さて、その迷走台風が来る少し前、姉と二人で車で温泉+高野山参りをして来ました。
高野山は4歳くらいの時に行ったきりで、父の納骨の時も子供が小さかったからパスしたのですが、10年前に姉に誘われてから今度で5回目の高野山になります。
今回は西名阪から京奈和自動車道が少ししか途切れていなくて、とても便利になっていました。

いつも姉と行くときは、高野山からそんなに遠くない温泉に一泊してから高野山に行くことにしています。
今回は十津川村にある湯泉地(とうせんじ)温泉。
京奈和自動車道五條インターから国道168号線を1時間半くらい?走って着きます。
五條に住む親戚が、あの狭い道を走ったの?と聞くほど、大変な道のイメージがあったそうですが、度重なる崖崩れのせいか道幅は普通に広くなっていました。
十津川沿いに走る道ですが、十津川の緑も美しく、いろいろな形の橋があって、疲れたけど面白いドライブでした。

余談ですが、この国道を通る路線バス、日本一長い路線らしい。
近鉄八木駅〜和歌山県のJR新宮駅まで約6時間かかるとのことです。


f0185066_14534860.jpg

国道168号は十津川沿いに進む。
川はまるで湖のように広い。













f0185066_14452362.jpg

立派な橋。
夢翔(ゆめかけ)大橋。
写真は竣工会社からお借りした。














f0185066_13240748.jpg谷瀬の吊り橋。















f0185066_13242092.jpg
生活橋としては日本一長大な吊り橋。
通学路(!)とのこと。
高所恐怖症の人でも渡れる、らしいが、私は無理だった。












f0185066_13241435.jpg

この橋の真ん中で大太鼓を並べて打ち鳴らす「揺れ太鼓」というイベントが橋の日「8月4日」にあるらしい。













湯泉地温泉は十津川温泉と泉質が違って硫黄泉で、古くからある名泉だそうです。
全ての宿が源泉かけ流しです。
姉は鄙びた温泉旅館が好きなのですが、泊まったお宿は老舗らしいのですが、鄙びたというより寂れたというか・・・・。
夏休みなのに平日だったせいか、客は私たち二人だけでした。
なので、温泉も浸かり放題。
露天温泉から女風呂まで廊下があったのですが、バスタオル一枚で移動しちゃったりして。
でも、お湯はとても素晴らしかったです。とろりとしていて、かけ流しの湯量も多くて、もったいないぐらい。
源泉が60度あるらしくて、水で埋めきれなくて熱かったですけどね。

2日目に高野山に移動しました。
168号線から県道53号線に入り、山道をぐにぐに走ります。
ところどころとても狭くなっていて、対向車が少ないので良いのですが、たまに来るとドキッとします。
途中、野迫川(のせがわ)村という雲海が綺麗で有名(?)なところを通ります。
この村が本当に辺境なところにあって(失礼)、どうしてこんな山深いところに住んでいるんだろう(失礼)って思ってしまうほど。
平家の落人じゃない?とかしゃべっていたのですが、後で調べたら、本当にそのようでした。

野迫川の峠を越えてしばらく走ると、あら不思議。
高野山の奥の院の駐車場あたりに出ます。
何度来ても本当に高野山は不思議な街です。
あんな山深いところにいきなり街が出現するのですから。

食堂もドライブインも学校もコンビニも銀行もあります。
そしてお寺は117寺。宿坊は52か所あるそうです。

f0185066_13243056.jpg

野迫川の雲海が見える場所?
もちろん季節的に今は無理。













f0185066_13354517.jpg

奥の院の駐車場から奥の院方向を見る。
ほとんどの戦国武将の墓があるほか、一般の人の墓。企業の墓も。
面白い形の墓も。













ご先祖様のお墓詣りをしたあとは宿坊に行きました。
父の位牌を預けてあるお寺ですが、数年前に相続のごたごたがあり、ある問題の?第三者が買い取ったようです。
ごたごたの間はお隣やお迎えの宿坊に泊まっていました。
ですから、ここに泊まったのは久しぶり。
経営者?が変わったせいか、いろいろな変化も。
便利に綺麗にはなりましたが、お料理は・・・・・でした。
色々な建物も増えていました。



f0185066_13252004.jpg

宿坊の内部。
全部で7組くらいの宿泊者がいたが、私たち2人以外、全員外人さんだった。
高野山、暑いせいか日本人が少なくて、外人さんだらけ。
外人さんと言っても、アジアの人は少なかった。











f0185066_13252853.jpg

金きらきんな建物を建築中。














高野山で一泊したあとは五條市まで山を下りて、叔母の家に寄りました。
そして叔父やご先祖様のお墓詣りもしました。
そのあとは一路名古屋へ。


さて、次に高野山へ行くのはいつになることでしょうか??
そんなことを感じる今日この頃です。









by fa-crescent | 2018-07-31 14:54 | 旅行

香港に行って来ました3

香港三日目。


朝ごはんをゆっくり取ったあと、今、香港みやげで鉄板だというクッキーを行列覚悟で買いに行きました。
が、ホテルからすぐのそこはまだ時間前なのに販売していて、少し待っただけで買えました。
そのあとは2階建てバスで九龍島をちょっと周りました。

f0185066_14255482.jpg

2階建てバスの2階から見た九龍島の街中。














f0185066_14265085.jpg

街中なのに、足場が竹。















今回の旅行は観光というより、どうもホテルライフを満喫するようなそんな旅行です。
その後、チェックアウトぎりぎりまでホテルで過ごした後、なんとホテルを移りました。
それも同じ街の同じ島の前のホテルの割と近くの。

どうやら主人はどちらのホテルにも泊まってみたかったようです。


前のホテルからタクシーに乗って次のホテルへ行きました。
丘をぐるぐる登って着いたところはビルの9階!!でした。

実はこのホテル、香港一高いビルの102階から118階にあるのです。
世界一高いホテルだそうです(値段ではなく高さが)。
2つ目のホテルは私には内緒で「高いから大丈夫かな」とか言っていたので、高層だとは思っていました。
このビルの展望台が観光の定番なので、私が行こうか、とも言っていたのですが、まさか泊まるとは。
しかも展望台が100階にあるのですが、私たちが泊まる部屋はそれより17階も高い、客室として最も高い部屋でした(値段ではなく高さが)。



さて、9階の玄関から専用エレベーターに乗って103階まで行きました。
これが長い長い。
そしてこのエレベーター揺れるのです。

103階のフロント階で降りると、白いエルメスのスーツみたいなのを着たお派手なお姉さんが何とはなしに軽くブロックします。
なかなか敷居の高いホテルです。宿泊客の私たちでさえ、気後れしそうです。
京都でも大阪でもそういえば、そんな感じですね。このホテル。

f0185066_14273030.jpg

フロント階。左がフロント。
奥が昼食を食べたレストラン。













f0185066_14280571.jpg

客室。
部屋は普通のサイズ。





















f0185066_15022654.jpg

バスルーム。
右奥がトイレ。
右手前にシャワーブースがある。





















前のホテルは老舗のクラッシックな趣のあるホテルでしたが、今度のホテルはその対極にあるような超モダ~~ンなホテルです。
客層も前のホテルは観光客がほとんどですが、今度のホテルはアメリカ資本のせいか、ビジネスマンも多いようでした。

チェックイン後、このホテルでランチビュッフェを取りました。
パワーランチらしき白人男性が多かったです。
お料理はともかく、スイーツが超充実していたビュッフェでした。

その後、このビルの探検に出ました。
このホテルの下は商業施設とオフィスが入っていて、地下鉄MRTの九龍駅やエレメンツというショッピングモールともつながっています。
このショッピングモールが広々していて、人が少ない、そして、高級ブランドと貴金属店が多い、なかなかふらっと入りづらいモールでした。
だいたいにおいて、香港の街中は信じられないくらいブランド店と貴金属店が多いです。
何か起こっても貴金属を持ってどこへでも行く香港人の気質を表しているでしょうか。

f0185066_14283748.jpg

ショッピングモール「エレメンツ」や九龍駅へ行く通路。













下へ下へと降りると地下鉄の駅がありました。
この駅の便利な仕組みは、ずらっと航空会社のチェックインカウンターが並んでいて、ここでチェックインできることです。
荷物もここで預け入れできてしまうので、ここからMRTに乗って手ぶらで空港へ行けます。
明日の下見を終え(次の日、帰るのです。つまりこのホテルは一泊だけ)、またまたホテルでまったりします。

そして、ともかくヴィクトリア・ピークくらい行こうということになり、9階からタクシーに乗りました。
(9階からタクシーって・・・・)。
本当はピークトラムに乗るのが面白いらしいのですが、何時間か並ばなければいけないらしいのでタクシーを選んだのでした。
ホテルのすぐ近くから海底トンネルをくぐって香港島へ渡り、街中からぐるぐるぐるぐる回ってヴィクトリア・ピークに着きました。
何というか、金華山のような、六甲山のような感じです(私の勝手なイメージです)。

ピークタワーという建物の最上階にある展望台は既に大勢の人でいっぱいでした。
まだ、明るいので香港中が見渡せました。素晴らしい眺めでした。
そして、待つこと1時間。
だんだん辺りは暗くなり、街の灯が少しずつ点いていきます。
夜8時、例のシンフォニー・オブ・ライツが始まりました。
100万ドルの夜景(古!)を堪能しました。

f0185066_14321562.jpg

ピークトラムの屋上から九龍島を見る。













f0185066_14325742.jpg

だんだん日が暮れてきた。
真ん中の細長い高いビルがホテルの入っている香港ICCビル。













f0185066_14332823.jpg

本当はもっときれいな夜景。
三脚もなく、腕もなく、レンズもなく・・・・。













帰りはこれまた、大勢の人が帰りのトラムに乗るのに凄い行列でした。
なので、ウーバーで車を呼んでみました。
10分位待っただけで、嘘のように早くホテルに戻ることができました。
ウーバー、凄いです。

ホテルの客室からの眺めも素晴らしかったです。
思えば私たちが香港滞在中、雨季なのにずっといいお天気で、景色も良く見えました。
夜景もこのホテルからの眺めもお天気が悪いと全然見えないらしいです。
とても、ラッキーでした。

f0185066_14304496.jpg

私たちの部屋(117階)から見た香港島。














f0185066_14292559.jpg

客室の窓際には座れるようにクッションが置いてある。























f0185066_14311586.jpg

クッションに座るとこんな感じ。
高所恐怖症気味の私でも大丈夫。
ベランダがないから落ちようがないから。





















f0185066_14300741.jpg

102階のレストラン。
朝食のビュッフェはメニューはいっぱいあった。
サービスは????だった。
空いた皿をなかなか下げてくれないし、コーヒーのお替りも聞きに来ないし。
演歌歌手のような派手な格好をした東洋人の男性を白人の給仕の人が苦笑していたし。












翌日、ぎりぎりまでホテルでゆっくりして、帰国の途に着きました。


香港、ちょっとびっくりしたのは英語があまり通じないことでした。
タクシーも、売り子のおばちゃんも(英語の”ten"が通じないのにはほんとにびっくり。最後は指を使って数を表現しました)。
ブランド店や貴金属店が多いのも驚きました。その反面、あまり身をかまってないような人も。貧富の差が激しそうでした。
そして、ここでもそうですが、予想していましたが、中国本土からの中国人も多かったです。


でも、とにもかくにも事故もいやなこともなく、体調を崩すこともなく旅行できました。
ありがたいことです。
そうそう、出国直前、オクトパスカードを払い戻すことをぎりぎりで思い出して空港で払い戻すことができました。
大した額ではないかも、だけど、良かった良かった。


f0185066_14351185.jpg

最初のホテルのフロントの花。























f0185066_14373169.jpg

次のホテルの玄関階の花。


by fa-crescent | 2018-07-11 15:08 | 木工関係

大雨

昨日の夜はテレビを見ていると何度も何度も速報が流れました。
大雨特別警報などというものも発令されていました。
お隣の岐阜県や三重県、同じ愛知県でも名古屋周辺の市も相当な大雨のようでした。
ところが、私の住んでいるところは断続的に降ってはいますが、大した雨量ではありません。
少しずれると違うんですね。

観測史上最大とか、何十年に一度とか、経験したことのないとかの大雨だそうです。
3日間の雨量が1000mmを超えたところも多数あるとのこと。
死者、行方不明者が100人以上と、異常な気象状況です。

このところ、毎年、こんなふうな大雨、洪水が各地で起こります。
本当にどうなっているのでしょうか。

私が子供のときに「今日の気温は37度を超えるかもしれません」というニュースを聞いて、体温より高いじゃん!!!!!
と、めちゃくちゃ驚いた記憶があります。

今はもう、真夏の37度超えは普通に何度もあります。
やはり温暖化しているんでしょうか。
そうじゃない、ということを言う人もいるみたいですが。

これ以上の被害が出ないこと、行方不明者の人が一人でも多く助かることを祈ります。





by fa-crescent | 2018-07-08 17:55 | 天候

香港に行って来ました2

香港2日目。

事前に何も予定を立ててないので、さて、何をしようか、という感じでスタートしました。
まず、ホテルで朝食です。
ビュッフェスタイルですが、とてもたくさんの種類の食べ物がありました。
そしてどれも美味しかったです。
そしてここ(ザ・ベランダ)は1階のザ・ロビーと違ってサービスも良かったです。

f0185066_18182125.jpg

まだお客さんの少ない時間。















とりあえず、香港島へ行こうということで、地下鉄(MTR)に乗りました。
香港中心地は大きく分けて、九龍島と香港島に分かれています。
その間には当たり前ですが海が横たわっていますが、海底トンネルで結ばれていますので簡単に行き来できます。
前日にオクトパスカード(suicaやマナカみたいもの)を買っておいたので、とても簡単に乗れました。
香港は交通費がとても安いので、気軽に乗り降りできます。
ついでに言えばタクシーもとても安い。日本も見習って安くしてほしいものです。

f0185066_18343087.jpg

地下鉄のホーム。














香港島につくとそこも九龍島と同じくらい街です。
トラムに乗って街を見てみようということで乗ってみました。
バスもトラムもすぐ来ます。本数がすごく多いのです。日本も見習ってほしいものです。

f0185066_18180702.jpg

トラム。
2階建ての路面電車。
とてもレトロな内部。
窓はない。
もちろん2階に乗る。










f0185066_18190581.jpg

トラムが数珠つなぎ。
待たなくても乗れる。





















f0185066_19064147.jpg

トラムの2階から見た下町風景。
帰りに見たら人や店がいっぱいになっていた。
こういう路地がいっぱい。
見てみたかったけど、暑さに負けた。




















その後、世界一長いエスカレーターというミッドレベル・エスカレーター(ヒルサイド・エスカレーター)に乗ってみました。
このエスカレーターはビルの中にあるわけではなく、麓の街から丘の中腹の住宅街までを繋いでいるわけです。
ただし、このエスカレーター、1基ではなく、高低差135m、全長800mで合計23基あるようです。
全部で23分かかるらしい。
エスカレーターとエスカレーターの間は普通の通路なので、途中下車してそのエリアにもちろん行けます。
なかなかおもしろい乗り物でした。

f0185066_18192066.jpg

ミッドレベル・エスカレーター。
ビルとビルの谷間を登る。













f0185066_18201800.jpg

途中の通路から見た眺め。
なかなか風情のある路地。














こうして書くと快適な街歩きのようですが、実は香港は暑くて湿度が高い。
名古屋の真夏のようなので、街をただ歩くとかなり疲れます。
帰りはタクシーを使って降りてきました。
そして、昼食後、地下鉄に乗ってとりあえずホテルへ帰りました。
ホテルがこれまた、超冷房が効いていてかなり寒い。
部屋に入るなり温度を上げます。何だか夏バテになりそうでした。

ただただのんびりしたいという軟弱者の私たち(特に主人)は、ホテルライフを満喫しようということでプールに行くことにしました。
(普通は行かないですよね、街に遊びに行きますよね、美味しい飲茶やスイーツを食べに行きますよね)。

思ったとおり、私たちのほかは欧米人のカップルと東洋人の女性一人という少なさ。
スタッフの人たちが7人くらいいて、暇そうでした。(人が少な過ぎて一挙手一投足見られているような・・・・)。
泳いでいるのは私だけ、というそんな優雅な空間でした。

f0185066_18283920.jpg

カメラ持ち込み禁止なので、ipad mini でこっそり撮った。















f0185066_19193792.jpg
外のテラスに出ると海が一望できる。
















その日はそのままホテルを出ず(!)、夕食は28階のフェリックスで取りました。
とてもモダンなレストランで、直前に予約したのに無理くり窓ぎわに席を作ってくれてました。
そこから見るお向かいの香港島の夜景はとても美しかったです。

f0185066_18203069.jpg

フェリックスから海を見る。














f0185066_18233630.jpg

フェリックスから海を見る。
段々暗くなってきた。













f0185066_18234784.jpg
香港島の夜景。















f0185066_18240424.jpg
すぐ下のカルチャーセンターのライトアップが面白い。

by fa-crescent | 2018-07-05 19:31 | 旅行

香港に行って来ました

大分、ご無沙汰しました。
その間に大阪で大きな地震がありました。
ワールドカップでは日本代表が決勝トーナメントに進出できたのはすごかったんですが、残念ながらベルギーに逆転負けしてしまいましたね。



さて、先月の末のことですが、香港へ主人と旅行へ行って来ました。
香港は初めてでした。
いつものことですが、あまり予定を立てずゆっくり過ごしたいという主人の意向を受けて、ほんとにゆっくりして来ました。

空港ではホテルの迎えを頼んでいたのですが、空港建物の中をカートで移動して、外へ出ました。
とても広い空港なので、これはこれで快適でしたが、ちょっと恥ずかしかったです。
(ピカンピカンと音を鳴らしながら移動するので)。

そのまま、ホテルへ直行してチェックインしていきなりまったりです。
このホテルは香港の老舗ホテルで、古き良き時代を思わせるような佇まいですが、客室はリフォームしたようでとてもきれいで機能的でした。


f0185066_00082206.jpg

海に面したリビング。
角部屋なので、窓が2面ある。














f0185066_00101234.jpg

バスルーム。
シャワーブースとトイレは別。
洗面所が向かい合って二つある。これは便利。












グレードアップしてもらえてとても広い部屋でしたが、どこにでもタブレットが置いてあって、手を近づけると起動して、照明、カーテンの開閉、空調などが調整できます。その他にも部屋のそこかしこに総合的なスイッチがあって、とても便利でした。
枕元にもそれぞれタブレットが置いてあるので、寝ながらにして調整できます。


f0185066_00090149.jpg

枕元のタブレットと、色々なものが充電できるプレート。
それぞれにあるのでとても便利。
いい香りのするお部屋の消臭スプレーが置いてあるのは初めて。





















f0185066_00093167.jpg

壁のスイッチ。
これも便利。
表記は日本語になっていた。
そういう点はエライ!




















このホテルはアフタヌーンティーが人気ですが、宿泊客は予約ができるので、時間が来るまで部屋で待機できます。
並ばなくても良いので、楽です。
行列が嫌いな私にはぴったりです。


f0185066_00104548.jpg

1階のザ・ロビー。















f0185066_00111657.jpg

ザ・ロビーのアフタヌーンティー。
味は普通においしい。
ただ、サービスは???
メイドさんは何だか所作がゾンザイ。
黙ってメニューをつきだす(どこの国の人にも)。
オカモチを持ち上げるようにティースタンドを持ち上げる。
音がするように食器を置く。
マネージャーは後ろを通るたびに椅子にぶつかる。
















f0185066_00173406.jpg

中2階からザ・ロビーを見る。
反対側のこういう桟敷みたいなところでは常時楽器演奏の人たちが生演奏を奏でている。













優雅に(?)アフタヌーンティーを楽しんだあとはホテル前のプロムナードをゆっくり散歩しました。


f0185066_00233732.jpg

ホテルの外観。思ったよりアプローチは狭い。
とても街中にあってお隣はそごうとシェラトン。
地下鉄の駅はすぐそばなので、とても便利。












f0185066_00121040.jpg

プロムナードからの景色。














その後、毎日夜8時に10分間開催される音と光のショー、シンフォニー・オブ・ライツを堪能しました。
綺麗は綺麗でしたが、ガイドブックの写真が綺麗過ぎました。
(私の写真は綺麗なのがありませんでした)。

その後、福山雅治や中居くんが常連というので、王子飯店で夕食を。
って、それは嘘で、疲れて、ホテルへ帰る途中だからということで、ここで食事しました。
料理は美味しかったのですが、サービスが・・・・(こればっかり)。

そして長い1日が終わりました。

(続きます)。










by fa-crescent | 2018-07-04 00:39 | 旅行